漫恋

もはや漫画に恋してる人の感想サイトです。

羽鳥&歩の名言セリフと、歩の一人称が「僕」の理由

      2017/06/05

羽鳥と歩の名言セリフをまとめてます。

あと、歩は女の子なのに、なんで一人称を「僕」と呼びたがるのか。

その理由についても考察してます。

スポンサーリンク

 

敷島羽鳥の名言セリフ

 

きょう一日
ここは私たちの貸し切りよ

 

街で、羽鳥が自分の能力を試していた場面ですね。

その後の、羽鳥の病み加減が、まったく小学生のそれじゃないという。

 

 

・・もう・・・
・・帰りたくない・・・
私なんかこの世に
いなければよかった・・・

 

両親の仲が自分のせいで悪くなったと、責める羽鳥。

小学生のそれではありません。

それってなんやねんって話ですがw

小学生受験に失敗して、親が勝手にケンカしてるだけなのに。

自分を責めまくる羽鳥。

その後、ママはいつもこうしてるの、と言って。

紗名を抱きしめる所に、うるっときた。

ママすきだけど、自分に関心無いって辛っ

なんの話やねん、このSFマンガ。

 

命令!!
二度とひとに乱暴してはダメよ
頭を冷やしなさい!!

 

羽鳥が、赤の王に向かって、能力を使った場面ですね。

「うんっ」って赤の王言ってましたけども。

能力がちゃんと効いているのかは、微妙な所ですw

 

美浦歩の名言セリフ

 

それでも・・・
はぁちゃんは本当に
すごく・・・
いい子なんだ

 

紗名との会話で、羽鳥をかばう歩。

普通にイケメンな歩。

 

 

ねぇ・・お願い・・・
ぼくの友達が待っているんだ
頼むよ!!連れて行って!!

 

ワンダーランドの入り口が見つからず、叫んだ時のセリフ。

その後、いきなり入り口が出現するという。

能力者?

 

歩の一人称が「僕」の理由

 

スポンサーリンク

 

歩は女の子なのに、「僕」と。

自分のことを呼んでますよね。

年上と話す時は、「わたし」と、

自分が女であることを示してますが。

なんで「僕」って言うんかなーと思って、セリフ見返してたら。

歩は、男に対して「コンプレックス」を抱いてるんじゃないかと思いました。

3巻の歩、初登場回で、こんなセリフがあり。

トップチームに選ばれたのはよかったけど
男子ばっかりだしうまい人ばっかりだし
上級生体大きいし
でかくなりたいなー
うまくなりたいな

 

また、サッカーのプレー中。

男の中に混ざって攻めていたけど、

お前のプレースタイルはそうじゃない。

ぶつからずに、相手のスキをついてもぐり込めと。

監督に注意されていたりと。

歩は、自分も男みたいにガンガン、ボールを奪い合うという。

プレースタイルがしたかった。

けど、女の子だから、それを許されなかった。

だから、男に対しての憧れがあり。

自分の性に対して、コンプレックスを抱えているんだと思います。

そんなこともあり、意識だけでも、男に近づこうと。

歩は自分のことを「僕」と呼んでいるのかもしれません。

 

ぼく足だけは自信あるんだ

ワンダーランドの入り口を探すシーンの歩のセリフ。

このセリフは、自分の持ち味。

つまり、相手のスキをついてもぐり込むという。

自分のプレースタイルを、受け入れたシーンでもあるんだと思います。

紗名や羽鳥とくらべて、キャラが薄い歩ですけど。

ちゃっかりというか、しっかり成長していたことがわかりましたねw

 

各キャラの名言はこちら。

紗名の面白い名言セリフ・名シーンまとめ

 

蔵六の名言セリフと花屋に店が無い設定の理由

 

早苗の名シーンと8巻へと続く伏線セリフ

 

一条雫の名言セリフと、能力の矛盾点について

 

アリスと蔵六 雛霧双子姉妹やミリアム、赤の王の名言セリフ集

 

スポンサーリンク

 

 - マンガ