漫恋

もはや漫画に恋してる人の感想サイトです。

アリスと蔵六 2巻のネタバレ感想と伏線など考察!

      2017/06/05

アリスと蔵六、漫画2巻のネタバレ感想とか、伏線の考察についてです。

 

 

スポンサーリンク

 

 アリスと蔵六 2巻のネタバレ感想と伏線の考察

 

良い表紙やねw

2巻は、紗名の救出劇がメインの話でした。

それにしてもびっくり。

一条強すぎ。

「え?一条って、あの一条だよね?えっ?えっ?」と。

まさかの能力者だったので、何度も何度もページを読み返すという笑

一条とミリアムの戦闘描写がぱっと見、

理解できないほど、能力の次元が高い。。

一条は魔法少女になってますが、そういえば同じ繋がりで、

「魔法少女まどかマギカ」が流行りましたが。

あれも、「鏡の国のアリス」がモチーフになっていたと、最近知って驚きました。

 

各話の考察についてですが。

まず5話の「ジャバウォックは殺される」というタイトル名。

ジャバウォックは、「鏡の国のアリス」で、

アリスが手に取った本「ジャバウォックの詩」が由来になってます。

正体不明の怪物"ジャバウォック"が、騎士によって倒される、という内容なんですが。

作中に登場する人物の中にも、"ジャバウォック"がいるということでしょうか。

ミリアムが、海兵隊員の夫"ジョー・タチバナ"を亡くしたことと、関係してるのかな?

あと、5話終わりの絵の訳です。

All this time the Guard was looking at her, first through a telescope, then through a micro-scope, and then through an opera-glass. At last he said, “You’re traveling the wrong way,” and shut up the window and went away.

「車掌さんはアリスのことを、望遠鏡、顕微鏡、オペラグラスを使って、ずっと見てきました」

「『行き先を間違えているぞ』、彼は最後にそう言うと、窓を閉め、去って行きました」

 

次に6話について。

タイトルの「客車にて」は、「鏡の国のアリス」の第3章で。

アリスが汽車(客車)に乗り込むシーンが元になっています。

一応、本作を考察するにあたって、「鏡の国のアリス」のあらすじだけでも読んでおいたのですが。

研究所側の無線通信のやりとりで

"カブトムシ"とか"汽車"とか"4列目のマスへ"などなど。

コードネームで呼んでる所がありましたが。

これも「鏡の国のアリス」が元になっていて。

例えば、ミリアムが「カブトムシ」と呼ばれていましたが。

これは、アリスが、カブトムシと一緒に汽車に乗っていたので。

その話だと分かるように、アリスと蔵六の物語に入れているんだと思います。

作者の工夫に、思わず唸りました。

そして話終わりの絵の訳についてですが。

これは鏡文字という、反対に文字が並べられていて。

鏡に移すことで読みとることができるという。

訳は、wikiにのっているので気になる方はどうぞ。

 

スポンサーリンク

 

次に7話ですが。

タイトルの「三角部屋の夢(reprise)」の「reprise」は、

音楽用語で「反復」 を意味してます。

早苗が、紗名と会った時を思い出してるから、反復ということでしょうか。

あと気になるが早苗のセリフ。

「それはきっと簡単なことで〜あの時以来だね、おじいちゃん」

これは、伏線につながってますよね。

まだ話の中で、回収はされてないようです。

7話終了時の絵の訳は、

“She's my prisoner, you know!” the Red Knight said at last.Yes, but then I came and rescued her!' the White Knight replied.

「『この子は私の捕虜なんだぞ!』最後に赤の王は言いました」

「『分かってます、それでも、彼女を助けました』白の騎士はそう応えました」

 

最後に8話ですが。

一条が出したエネルギー補給剤。

あれは、ほぼ名前見えてましたが「SNICKERS」ですよね、お菓子の笑

米国のマース社が販売している、実在のスナックバーで。

キャッチフレーズは「おなかがすいたらスニッカーズ」

小学生の時、うまい棒に次いで、だいぶお世話になってました。

1巻から思っていたんですが。

アリスと蔵六は、ちょちょい飯テロがあるという。

スニッカーズの描写がリアルすぎて、むしょうに食べたくなりました。

 

各巻の感想

1巻

2巻

3巻

4巻

5巻

6巻

7巻

ノエミと魔法の計算機登場の8巻

設定集

アリスと蔵六 用語設定を解説!

アリスと蔵六 世界観と時系列

アリスと蔵六のモデルとは?

スポンサーリンク

 

 - マンガ