漫恋

もはや漫画に恋してる人の感想サイトです。

アリスと蔵六 6巻のネタバレ感想と伏線など考察!

      2017/06/05

アリスと蔵六6巻の

ネタバレ感想と伏線考察についてです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

アリスと蔵六 6巻のネタバレ感想と伏線考察

いやー面白かった。

次は第三部で、”赤の王”編ですね。

6巻は、蔵六の過去と、”赤の王”との出会いが、メインの話でした。

 

まず22話の「紗名のしゅくだい」。

タイトルが、英字からまた日本語に戻ってますね。

”アリスの夢”が、世間に浸透していましたが、一般人との温度差がひどい。

紗名の担任の先生が言っていた、「人は知らないものを怖がる」というセリフ。

現実でも、それは「差別」とか「いじめ」に繋がる思考ですよね。

という、社会問題的なテーマを挟むも、知識がないので特に展開はせず、、

それと、5巻に続き。蔵六の過去が、少しずつ明かされていってますね。

あと最後のページで、紗名が食缶を震えながら持っている所が、面白かったです。

ていうか、あの横長の食缶が重いって。

紗名の筋力の無さが、このシーンで初めてちゃんと理解できました。

 

次の23話「樫村家にはひみつがある」ですが。

この話は、伏線のオンパレードでしたね。

タイトル通り、秘密、というか謎が多すぎる展開でした。

蔵六の妻、クロエの人物像が説明されたり。

また”カッコいいお姉さん”がちらっと出てきたりと。

そして気になるのが、紗名が夢を見てる時、

蔵六の頭の中を、覗いた時のことを思い出してたシーンですが。

そこで、クロエが、紗名を「認識」していたという。

今日からここが、あなたの家よ、と。

もしかして、紗名はクロエに会っていた説、があるのかもしれません。

”カッコいいお姉さん”=紗名が働いてる場所は、クロエがいるパリで。

コンビニでの蔵六と紗名の出会いは、違う時間軸の話なのかなと。

5巻で歩が、時間軸のズレから元の世界に帰る場面がありましたが。

あの場面は、物語の時間軸が2つあることを、意味しているんじゃないかと思いました。

蔵六が紗名を養子に迎えたのも、5巻の早苗とのやりとりから、

クロエが関わってる可能性が、濃厚になりましたし。

深読みしてますけど、これズッコケたら恥ずかしいやつですね、、

どのみち、5巻で唐突に出てきた、バック・トゥ・ザ・フューチャーな展開は、何かの伏線に繋がっているかもしれません。

あと、クロエが年をとらないっていうのが、謎。

そんなことを気にしつつも、純粋に日常回としても面白かったです。

紗名が、普通にLINEで楽しんでるという。

歩は、スタンプを使いこなしてて、リアルな現代っ子ですね 笑

蔵六が、早苗に怒られてる珍しい場面もあり。

「違うって蔵六、私言”った”の”に”」の、紗名の泣き顔が、ツボりました 笑

あとそういえば、クロエって聞いた時。えっあの絵を使う能力者の名前じゃ??

って思ったんですが。

あっちは「クレオ」でした、、

地味に響きが似てますよね。

そういえば、まだクレオについての過去も明かされてないので

その当たりも気になりますね。

 

スポンサーリンク

 

次の24話「扉」は、ワンダーランド内に入る回でしたが。

もはや意味不明な空間になってましたね。

説明も難しい、描写もぱっと見、読み取れないという笑

あと、羽鳥が、紗名と離れてる時。

能力が制御しにくくなって、ちょいちょいちらつく母親の冷たい表情。

もうあの顔、読者もトラウマになりそうだから、やめて欲しい笑

 

次25話「地下の国/はじまりの日」は、赤の王の初登場ですね。

紗名が、赤の王の股関節をガン見するシーンから始まり。

いきなり紗名は殺されるという、トンデモな展開。

そして、紗名が死んだ後の発言と、場面が意味深。

「辿りついたんだ、わたしたちは、新しいふしぎの国に」は、

さっき考察した、2つの時間軸のことを意味しているのでしょうか。

あと、赤の王の「ちゃんとやってあげるね」というセリフ。

赤の王の役目は、外の世界で何をすることなのか。

次の話が気になりすぎる。。(いつも言ってる)

そして最後の方で、紗名ちゃんは大丈夫でした。って、マンガ内でネタバレするという。

斬新すぎる展開ですが、どう大丈夫だったのかが、結局気になるという笑

 

各巻の感想

1巻

2巻

3巻

4巻

5巻

6巻

7巻

ノエミと魔法の計算機登場の8巻

 

設定集

アリスと蔵六 用語設定を解説!

アリスと蔵六 世界観と時系列

アリスと蔵六のモデルとは?

 

スポンサーリンク

 

 - マンガ