漫恋

漫画に恋してる人が漫画の感想を綴る

アリスと蔵六 蔵六の名言セリフと花屋に店が無い設定の理由

      2017/06/05

蔵六の名言・名シーンをまとめてます。

あと、なんで蔵六の花屋は、お店を持たない設定なのかについても、話していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

蔵六の名言セリフ

おれは曲がった事が大嫌いなんだ

 

本作のキーワードでもあるこの名言。

蔵六の、元々の性格から来るセリフなのかと思いきや。

過去に、影響を受けている人物がいたという。

 

 

 

取引だの願い事だのにも興味はない
人間手前(てめぇ)の手の届く範囲のこと
だけきっちり考えればいいんだ

 

何でも願いを叶えてやるという

紗名の提案を断った時のセリフ。

子供に対して、全く容赦ない蔵六。

本気で接してくれたからこそ、紗名はちゃんとした大人になったんだと。

あの回想シーンからわかりますね。

そんな教育マンガ的な側面をもつSFファンタジー。

 

 

あのなぁ
お前さんが人じゃなかったとして
それが何なんだ?

 

紗名の正体を知った時のセリフ。

蔵六の安定感に、感動した読者は数知れず。

ここで、「バケモノとは一緒に暮らせん!」

とか、拒否ってたら、世界は色々な意味で終わっていたかもしれないという。

蔵六のキャラ的にありえないセリフですがw

 

 

無理すんな
しんどい時は
誰かと一緒に居るもんだ

 

紗名が、研究所に帰ると言った時の、蔵六のセリフ。

蔵六の言葉は、一つ一つが心にしみる、、

リアルにおじいちゃん感が伝わってくるw

 

 

いろんな人に助けられてきたから

これまでやってこられた

いただいたものは、誰かにお返ししなくちゃならん

 

ワンダーランド内で、蔵六と早苗の会話中。

早苗が、なんで紗名を養子に迎えたの?という質問に対し。

蔵六が自分の人生を振り返りながら、応えたセリフ。

色々と深い意味を含んでの発言ですよね。

蔵六の過去が、2巻以降から続く、大きな伏線みたいになっているんで。

それが、8巻でようやく回収され始めるので楽しみですね。

 

蔵六が店を持ってない理由

 

スポンサーリンク

花屋という、珍しい設定で。

しかも、店を持っていないということもあり。

「なんでなん」と疑問に思っていたのですが。

原作者の今井さんは、インタビューで。

「紗名を動かして、色々な場所に連れて行かせたい」

と語っていて。

そう考えたときに、花屋だけど店をもたない設定を思いついたようです。

キャラが勝手に動いちゃう、みたいな発想でしょうか。

あと、同じ場面が続くと、読者も飽きちゃうと思うんで、

色んな意味で、この設定は面白いと思いました。

そもそも、「コワモテのおっさんが花屋」というだけでも、インパクトは強いですがw

あと、蔵六の花屋の作業場は、原宿にあるという設定なんですけど。

実際に原宿にある花屋がモチーフになってるんだとか。

行ってみたいw
各キャラの名言はこちら。

 

紗名の面白い名言セリフ・名シーンまとめ

 

蔵六の名言セリフと花屋に店が無い設定の理由

 

早苗の名シーンと8巻へと続く伏線セリフ

 

羽鳥&歩の名言セリフと、歩の一人称が「僕」の理由

 

一条雫の名言セリフと、能力の矛盾点について

 

アリスと蔵六 雛霧双子姉妹やミリアム、赤の王の名言セリフ集

 

スポンサーリンク

 

 - マンガ