漫恋

人気漫画のネタバレ感想・考察サイト

ぼくは麻理のなか柿口依のかわいい魅力と名言セリフ!

   

ぼくは麻理のなかに登場する柿口依のかわいい魅力と、印象的な名言セリフをまとめてます。

スポンサーリンク

ぼくは麻理のなか柿口依のかわいい魅力

眼鏡外すと普通にかわいい

ここが一番のかわいいポイントですね。

眼鏡をかけてぶすっとしてるのが通常の依ですけど。

怒った時とか泣いてる時に見せる眼鏡外した依が普通に美人で心を打たれます。

感情的になると眼鏡外すのは、視覚的に依の変化(理性的→感情的)を見せているのかもしれないですね。

普段は冷静でぶすっとした理性の塊みたいな女性が、子供みたいに感情的に泣いたり怒ったりする。

そのギャップに、依のかわいさを感じさせるのかもしれないですね。

ゲーム中に頑張る依

見た目どおり、ゲームやったことがないという依ですが、負けず嫌いという性格が発揮され。

「ふんっ!ふんっ!」と夢中に取り組んでる所がかわいい。

私服

これは完全に作者の押見さん、狙って描いてますよね。

麻理と依が出かけるときには、必ず二人の私服姿(全身)が映し出されてます。

二人の真顔な感じが、見ていて照れくさくなる。

スポンサーリンク

柿口依の名言セリフ

なんでそんなに私を傷つけるの!
なんでそうやってズケズケ入ってくるの!
何が友達よ!
うそつきっ!!

麻理が依の家の中に勝手に入った時のセリフ。

依も麻理と同様に家庭内で問題を抱えていて、それに気づかずに麻理は、依の心の中に土足で踏み込んでしまいましたね。

ここでは、麻理の自分勝手さと、依の幼さが描かれてると思いました。

後に、麻理も依も、家庭の問題を乗り越えたということで成長したと言えますね。

 

つぶす!!
つぶしてやる
こんなもの!!

麻理が、小森本体に奉仕していたことを知った時の依のセリフ。

これはもう、男としては恐ろしい名言です。

その他にも、浮気した男を恐喝する意味では、もってこいのセリフ。

 

・・・小森
大好き・・・
大好き
もう・・・消えないで
ずっと一緒にいて

消えかけていた麻理の中の小森が復活した時の依のセリフ。

これは最高にかわいい依の場面になってますね。

「お前なんかどうでもいいんだよ!麻理を返せ!」って言ってた子が、小森を受け入れ、最後には好きになるという。

小森を受け入れた所でいなくなって、麻理も元に戻ったのでハッピーエンドなんだけど。

なんか少し切なくなる。

読後感があまりよろしくないけど、そのむず痒さに、面白さを感じました。

スポンサーリンク

関連記事

ぼくは麻理のなかネタバレ:最終回結末までの解説と考察!

ぼくは麻理のなか吉崎麻理(小森)の名言セリフ!

 - マンガ