漫恋

漫画に恋してる人が漫画の感想を綴る

僕たちがやりました市橋哲人の名言セリフと蓮子への恋愛感情について

   

僕たちがやりましたに登場する市橋。

最初は、ただのヤンキーとして描かれてますが。

途中から、好青年へと変化していく所が面白いキャラです。

今回は、そんな市橋の名言と、蓮子を好きになった理由について、まとめてます。

 

スポンサーリンク

 

市橋哲人の名言セリフまとめ

ハ・・・ハイ

家に上がっていかない?と、誘う蓮子に対しての市橋のセリフ。

トビオには、恐ろしい態度をとっていた市橋ですが。

蓮子には、なぜかかしこまっているので、面白いシーンになってます。

 

全員で行ったら・・・

動けねぇだろがい・・・

爆破事件を起こしたパイセンに関わっていたとして。

共犯者の伊佐美とトビオに、復讐しに来た市橋。

逃げた2人を、市橋の手下たちが追っていた時。

車椅子に乗った自分を、押してくれる人が、誰もいないことに気づいた市橋のセリフ。

シリアスな展開が続いていた中での、さりげないこのボケシーンなので。

余計に笑える場面になってます。

 

・・・あーーーークソぉ・・

なんでだよ・・・

ちゃんと動けよ

カラダぁ・・・

なんで俺なんだよぉ!?

他にクソみたいな人間

いっぱいいるだろぉ!?

トビオになりすまして、蓮子を公園に呼び。

感情がたかぶって、車椅子から落ちた時の市橋のセリフ。

マルをボコボコにしたり、今まで非道なことをしていたので。

自業自得といえますが、どこか同情してしまうシーンとなってます。

 

変わらず接してくれるのは

お前だけだ

ありがとな

車椅子の状態になったことで。

市橋は学校で、手下たちからハブられるようになり。

後に、トビオを一緒に探しくれた蓮子の変わらない態度を見ての、市橋のセリフ。

このあたりから、市橋は、蓮子に対して本格的に恋愛感情がわいてきてます。

 

スポンサーリンク

 

いいんだよ・・・

もう・・・

お前と一緒にいると

やる気なくなる

消えろよ

俺の前から

逃亡したトビオを、一緒に探してくれてる、蓮子に対してのセリフ。

自分の体をめちゃくちゃにしたトビオに、復讐したいと思ってた市橋でしたが。

そうすると、自分の好きな蓮子が傷ついてしまうという。

市橋の複雑な感情が、このセリフから感じられます。

 

俺は

もう終わった

人間なんだよ!!

市橋の手下が、蓮子を襲っていた時。

自分の首元にナイフをつきさし、威嚇してる時の市橋のセリフ。

自分の好きな人を守るためなら、自分の命も捧げる市橋。

市橋が、普通にかっこよくなっていて。

初期の頃のヤンキー感が、全く感じられなくなってます。

 

コングラッチネイション

蓮子と付き合ったトビオに対してのセリフ。

「おめでとう」と、伝えてますが。

スペルを言い間違えて、トビオから突っ込まれています。

ここまで来ると、市橋がただの良い奴になってます。

原作者も、市橋がこんな人になるとは思っていなかったそうです。

振り幅がある所に、市橋の魅力を感じますね。

 

市橋が蓮子に恋愛感情を持った理由

最初の方で、市橋は、たまたま知り合った蓮子と遊んでいましたが。

その時は、市橋は特に恋愛感情はなかったと思います。

爆破事件後も、蓮子のことを「トビオに復讐するためのエサ」とすら、思ってる市橋です。

けど、学校で、いじめを受けていた時。

弱っていた自分を、励ましてくれる蓮子を見て、市橋は徐々に恋愛感情を持ち始めてます。

そのことに気づいて、トビオへの復讐心が弱くなっていたので。

一緒にトビオを探してる蓮子に対して「俺の前から消えろよ」と。

市橋は、一度、蓮子を突き放してます。

けど、蓮子は引き下がらず、市橋のそばにずっといました。

トビオへの一途さと、最後まで約束を通す蓮子の姿を見て、市橋は蓮子のことを本気で好きになってしまったんだと思います。

後に、市橋が、トビオに言った「自信あるやつが好き」というセリフからも。

市橋の好きなタイプに、蓮子が当てはまってますね。

 

僕たちがやりました 6巻表紙の市橋とオチのセリフ考察!ネタバレ有

僕たちがやりました 新田真剣佑が市橋哲人役!母親と父親に驚き

僕たちがやりました蓮子のかわいい魅力と名言セリフ!ネタバレ有

 

スポンサーリンク

 

 - 僕たちがやりました