漫恋

漫画に恋してる人が漫画の感想を綴る

亜人(デミ)ちゃんは語りたい1巻のネタバレ感想まとめ!

      2017/04/04

亜人(デミ)ちゃんは語りたい1巻のストーリーと、ネタバレ感想をまとめました。

 

スポンサーリンク

あらすじ

「亜人ちゃんは語りたい」は、人間と亜人が共存している世界を描いています。

亜人とは、「特別な性質」を持つ人間のことで。

パンパイアやサキュバスなどが「亜人」と言われています。

よく耳にするその名前は、神話やおとぎ話に出てくる人物からきています。

亜人は、普通の人間とは変わっているため、差別を受けることがあるようです。

第1話 高橋鉄男は語りたい

主人公の生物教師、高橋鉄男は、亜人に興味を持っていました。

しかし、そもそもの亜人の数が少ないということで、今まで会ったことがなかったという。

しかし新学期を迎え、新しい教師が入ってきました。

img_3503

「亜人です、サキュバスです」

数学教師の佐藤早紀絵(さきえ)は、職員室の挨拶で、亜人と名乗りました。

初めて亜人を見た鉄男はびっくり。

しかし、今まで何年も会えなかった亜人に、あまりに簡単に会えてしまって。逆に疑問を抱いていました。

その後立て続けに。バンパイアの小鳥遊(たかなし)ひかり、デュラハンの町京子、雪女の日下部雪といった亜人に遭遇する鉄男。

img_3504

img_3505

img_3506

今まで見たことすらなかったのに。あまりに簡単に亜人に出会えてしまい、ショックを受ける鉄男。

ひかりは、鉄男が「亜人差別」をしていると勘違いし。ゴミを見るような目で鉄男を見ます。こわい、、

img_3507

しかし、会えて嬉しいという意味で、ショックを受けたと鉄男は釈明。

このシーンから、作品内では亜人差別が深刻なことが読み取れますね。

その後、亜人のことをもっと教えてくれ、と鉄男は言い。

ひかりは「亜人(あじん)って言い方が古い!」と、鉄男に一喝。

「あじん」っていう響きがダサいという理由で。

女子高生たちの間では、可愛く「亜人(デミ)」と呼ばれることを知った鉄男。

目を輝かせ、高橋鉄男は「デミちゃん」と語りたい、と強く思いました。

第2話 バンパイアちゃんはお年頃

バンパイアの生態について質問する鉄男。

しかし、ひかりは、アバウトにしか答えられず、興味を失う鉄男。

img_3508

ひかりは鉄男を引き止め、なんとか興味を持ってもらおうとします。

ここで、誰もが学べるトーク術を発揮するひかり 笑

感覚的な話しかできないひかりでしたが。鉄男が直感的に理解できる例えを使い、納得させることに成功。

img_3518

その後もひかりは、女性の首筋を見ると血を吸う妄想をしてると発言したり。

男と付き合ったことがないため、男の血を吸うことができないと告白。

タイトル通り、お年頃なパンパイアちゃんです。

第3話 小鳥遊(たかなし)姉妹は争えない

ひかりの家に訪れた鉄男。

小鳥遊家は、専業主婦の浩二、母親、妹のひまり、姉のひかりの4人家族ということを知ります。

また、家族内で亜人はひかりのみのようです。

ひかりは、先生の前で頭の良さをアピールするために。

「血も涙もない」
「血の気が引く」
「血が騒ぐわ」
「血祭りに上げてやる」

と、「血」関連の言葉を、妹に浴びせまくります。

狙って言ってるから、ある意味、頭良いですよね 笑

第4話 デュラハンちゃんは甘えたい

スポンサーリンク

もはや人間と呼べない亜人、デュラハンの町京子が登場しました。

京子は、頭と身体が分離しているということで。日常生活に支障をきたしています。

頭が駅のホームに取り残され。身体だけ電車に乗って、東京から岡山まで離れたことがあったり。

ご飯を食べるときは、胸の辺りで顔をロープで固定したりと。工夫がすごい。

img_3510

そして、人付き合いに困っていると、京子は鉄男に打ち明けます。

もっと冗談を友達と言い合いたい、と語る京子。

そこで鉄男は、人付き合いで大切なことは「どれくらいまで許容できるか」を探ることが大事とアドバイスし。

自分が先に冗談を言うことで、「これぐらいの冗談なら許容できますよ」と、相手にアピールしたらと提案。

めっちゃためになりますね _φ(・_・

親身に悩み相談に乗ってくれる鉄男に、京子は好意を抱き。

なぜか、顔だけ抱きしめてと要求。

京子の顔を抱きしめてるのを、バンパイアのひかりに見られた鉄男。

生徒との危ない関係に

「これで先生もデュラハンの仲間入りですかね?」と脅すひかり。

デュラハン=首無し=教師職のクビが飛ぶ

という、「血」関連の言葉に続き。無駄に言い回しが巧みな、ひかりです。

第5話 デュラハンちゃんはカワイイ

タイトルの通り、デュラハンちゃんがかわいい回です。

鉄男とデートがしたい、と京子はひかりに相談。

そこでひかりは、すぐに鉄男に連絡し。京子は鉄男とデートすることになります。

顔のみですが 笑

身体だけ取り残されても、文字が書けるという。

img_3512

器用なデュラハンちゃんです。

第6話 サキュバスさんは夢見がち

数学教師でサキュバスの佐藤早紀絵(さとう さきえ)の回。

早紀絵は、催淫(さいいん)という、特殊能力を持っています。

自分の体に触れたり、自分の意識が途切れると、周りの人間の性欲を増進させるという。

そのため普段、早紀絵は地味な格好することで、自分の特殊能力を抑えています。

しかし、早紀絵は廊下で転びそうになった時。鉄男の手に触れてしまいました。

特殊能力が発揮されると思い、急いで手を離す早紀。

いつも通りの、普通な態度を取る鉄男。

自分の特殊能力にかからない鉄男を見て、早紀絵は鉄男に好意を寄せました。

しかし、鉄男は性欲をめっちゃ我慢していたというオチ 笑

img_3513

第7話 高橋鉄男は守りたい

雪女、日下部雪(くさかべ ゆき)の回。

鉄男は、雪に話しかけようとしていたけど、いつも逃げられていました。

その後、廊下を歩いていた雪は、自分の悪口を言っている人の存在に気付き、ふさぎ込んでしまいました。

鉄男は、雪を発見し。自分が陰口を言われていると、雪は鉄男に相談。

「陰口なんて軽い方だ。だけど、本人は重く受け止めてしまっているから。ちゃんとフォローしなければ。」

と、いつにも増して教師らしい鉄男。

自分が亜人だから陰口を言われる、と雪は言います。

亜人として、人間界に溶け込める人もいれば、そうじゃない人もいる。

苦しむ亜人を見て、「デミちゃんを守らねば」と鉄男は決心します。

第8話 小鳥遊(たかなし)ひかりは語りたい

鉄男は、雪の陰口を言った生徒がいる場所へと向かった。

陰口は、言われた側のフォローはできても。言う側に「言うな!」と言っても止めることは難しい。

悩む鉄男よりも先に、バンパイアのひかりが、陰口を言っている生徒の元へ着きます。

そして、陰口言う生徒に向かって一喝するひかり。

 

 

その後、雪も登場し。陰口を言った生徒は、雪に謝りました。

この回は普通に泣ける話でした。。

第9話 亜人(デミ)ちゃんは抱きしめたい

亜人たちを教室に集めた鉄男。

亜人は人より悩みが多いことに気づいた鉄男は、亜人同士で悩みを共有することを提案しました。

話が終わり会議を解散する時。バンパイアのひかりが、いきなり鉄男にハグを要求します。

京子と雪は、鉄男にハグされたのに、私だけしてない!という理由からです。

鉄男にハグされたひかり。

そしてなぜか、続けて京子もハグを要求。

サキュバスの早紀絵もそれに便乗。しかし断られてます 笑

img_3517

雪も、続けて鉄男にハグするという、謎なハーレム回でした。

亜人(デミ)ちゃんは語りたい1巻のネタバレ感想まとめ!

「亜人ちゃんは語りたい」を読む前。ハーレムものとか、キャラが可愛いというレビューが多かったので。

面白要素を期待してなく、けど絵が好きだったので、一応読んで見たのですが。

「思ってたのと違う!」と読後に感じました。

確かに、ハーレム要素はあり、キャラも可愛いです。

だけど、普通にヒューマンドラマとしても、十分面白いと感じました。

「亜人」とは、「どこか他の人と変わっている人」ということですが。

これってそのまま、いじめ問題にも置き換えられますよね。

いじめは、大衆と考え方がどこか変わってる人ほど、ターゲットにされやすいです。

教師の高橋鉄男は、いじめに苦しむ、「どこか他の人と変わっている人」を救おうと。策を練っています。

その姿に、感動しました。

レビューに良い意味で騙されました 笑

確かに、ハーレムものの側面もありますが。

受け取る人の視点によって、内容が変わってくる漫画でもあります。

すごい大袈裟な見方をすれば。人間関係を良好にするための1つの参考書とも言える。そんな漫画です。

亜人(デミ)ちゃんは語りたいと亜人の関係や違いは?パクリなの?

 

スポンサーリンク

 - マンガ