漫恋

漫画に恋してる人が漫画の感想を綴る

ガヴリールドロップアウト アニメ制作会社や監督について!

      2017/05/09

ガヴリールドロップアウトのアニメ制作に関わった、制作会社や監督について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アニメ制作会社の動画工房とは?

ガヴリールドロップアウトのアニメを制作した会社は「動画工房」です。

1973年に設立した歴史ある会社で、創業者はアニメーションの礎を築いた人物の1人、古沢日出夫さんというすごい方。

2008年には会社の売り上げが4億1100万を突破し、衰退することなく今もなお続く老舗のアニメ制作会社なんです。

アニメ制作を協力した作品には、千と千尋の神隠などのジブリ作品や、初代ポケットモンスター。

ドラゴンボールや北斗の拳などなど。

内容は知らなくても、誰もが一度は聞いたことがある超有名作品の多くに関わっています。

動画工房は「ガヴリールドロップアウト」や「ゆるゆり」、「干物妹!うまるちゃん」など。

「日常系アニメをよく作る会社」というイメージしかなかったので、歴史を調べたら驚きの連続でした。。

監督の太田雅彦さんとは?

スポンサーリンク

ガヴリールドロップアウトのアニメ監督は太田雅彦(おおた まさひこ)さんです。

1967年生まれで、太田さんは2000年〜2005年頃まで、アニメ制作会社「マッドハウス」の作品を中心に作画をしています。

その頃のマッドハウス作品といえば、ボクシング漫画で有名な「はじめの一歩」や、サッカー漫画で有名な「キャプンテン翼」などがあります。

2006年以降、太田さんはアニメ制作会社の動画工房や童夢の作品を中心に、演出と作画を手がけています。

動画工房と太田監督

動画工房と太田監督は、日常系アニメをよく手がけていて、上記で挙げた「ゆるゆり」や「干物妹!うまるちゃん」。

それから今回アニメ化された「ガヴリールドロップアウト」を協力して制作しています。

今回ガヴリールドロップアウトがアニメ化されたのは、動画工房がプロデューサーの方に「アニメを作りたい」と申し出て。

そのプロデューサーが表紙買いしていた中の一冊にガヴリールドロップアウトがあり。

日常系アニメをよく作る動画工房だったので、日常系漫画のガヴドロをアニメ化しようと決めたそうです。

何でアニメ化しないの?って言うくらいガヴリールドロップアウトは作画がキレイなので、この流れは必然的なものですよね。

アニメ放送についてはこちらをどうぞ

ガヴリールドロップアウト アニメ放送局や時間、あらすじまとめ!

原作者のうかみさんについてはこちら。

ガヴリールドロップアウトの原作者で漫画家のうかみさんとは?

 

グッズについてもまとめてます。

ガヴリールドロップアウトグッズや単行本、マフラータオルの値段まとめ

スポンサーリンク

 - マンガ