漫恋

漫画に恋してる人が漫画の感想を綴る

宝石の国アンタークチサイトについて

      2017/08/24

宝石の国に登場するアンタークチサイトについて、まとめています。

 

スポンサーリンク

 

宝石の国アンタークチサイト

特異体質

3巻登場のアンタークチサイト。

普段は液体だけど、気温が一定値を超えると固体になる性質を持った珍しい宝石です。

冬は栄養源になる光が減るので、宝石たちは冬眠をする習性がありますが。

アンタークは、冬に目覚めるので、金剛先生から冬の仕事を任されています。

一人っ子気質

例年の・・・よろしいでしょうか?

目覚めたアンタークは、金剛先生に敬礼していて、一見堅い性格なのかと想いきや。

「例年の・・・よろしいでしょうか?」と、先生に断りを入れた後。

タタタッと走って抱きついています。

実はさみしがり屋なアンターク。

フォスが隠れていたことに気づいて、金剛先生から離れてしまったので。

結局、「例年の」が何を指していたのかが謎です。

優秀だけど

冬の仕事をフォスとこなしていた時。

フォスがすべって流氷に落ちてしまい、両腕を紛失した後。

アンタークは、「私のせいです」「・・・どうしたら」と。

激しく自分を責めて、怖がっています。

優秀だから今まで致命的なミスもなく、一人で仕事をこなしていただけに。

慣れた領域での失態だったので、アンタークは余計に戸惑っているんですね。

人間で言えば、テストでいつも満点だけど、たまたま一問ミスして死ぬほど落ち込む優等生な感じですかね。

冷淡な性格かと思いきや、どこまでも人間らしいアンターク。

それから、フォスの両腕の対処は、金剛先生の助言でなんとかなりましたが。

衝撃的な事件がまた起こります。

先生愛の強さとフォス覚醒のきっかけ

 

先生が

さびしくないように

冬を

たのむ

 

宝石たちが生まれる場所「緖の浜」で、フォスの腕を仮留めしていた時。

月人が現れ、アンタークは苦戦。

そこで、自分の身体の一部を取られ。

宝石は身体が欠けると、記憶の一部を失くすということで。

アンタークは「先生のこと忘れたらどうしてくれる!」と激怒。

そのあと、月人を倒してからも。

「勝手に戦ったからお仕置きされてしまうかも♡どうしよ♡」と。

終始、金剛先生に対する愛がものすごいアンターク。

けど、倒したと思ったら他の月人がいて、アンタークは首をはねられ。

片足だけ残して、月人に連れ去られてしまいました。

登場巻にして、アンタークは月へと旅立ってますが。

先生愛が強烈すぎて、印象的な宝石でした。

それと、フォスが最初に強くなったのはアンタークのおかげという意味でも、重要な存在ですね。

元ネタの宝石

元ネタの宝石は「南極石」です。

別名はアンタークチサイトと呼ばれています。

由来は、南極大陸で産出されたことから。

南極大陸を意味する「Antarctica(アンタークティカ)」と、石を意味する接尾語「ite(アイト)」で。

Antarcticite(アンタークチサイト)となっています。

この石は固体なんですけど、約25度に達すると液体に変わるようです。

作中のアンタークと同じ性質なんですね。

他の宝石も、石の性質を元にしてキャラが描かれているので。

ストーリーを楽しみながら、鉱物についても学べるという。

どこでその知識が活きるかは不明ですが、一石二鳥な作品になってますね。

 

スポンサーリンク

原作

宝石の国1巻〜7巻(最新刊)のネタバレ感想とあらすじ!

・宝石の国の登場人物キャラクター一覧と元ネタまとめ【画像】

 

キャラ紹介

・宝石の国フォスフォフィライト(主人公)の名言セリフまとめ

・宝石の国シンシャのかわいい魅力とヤンデレ具合を名言から見る

・宝石の国金剛先生、月人(しろ、博士)、流氷の正体を考察!

宝石の国ダイヤモンドとボルツのかわいい魅力

・宝石の国アンタークチサイトについて

・宝石の国ラピスラズリとカンゴーム(ゴースト・クォーツ)について

・宝石の国ルチルとパパラチアについて

・宝石の国ジェードとユークレースについて

・宝石の国レッドベリルとオブシディアンについて

・宝石の国モルガナイトとゴーシェナイトについて

・宝石の国ペニトアイトとネプチュナイトについて

・宝石の国アメシストサーティ・スリー&エイティーフォーについて

宝石の国イエローダイヤモンドとジルコンについて

・宝石の国ペリドットとスフェンについて

・宝石の国アドミラビリス族のウェントリコススとアクレアツスについて

・宝石の国ウァリエガツスとコクレアについて

 - 宝石の国