宝石の国モルガナイトとゴーシェナイトについて

      2017/09/28

宝石の国に登場する、モルガナイトとゴーシェナイトについてまとめています。

 

スポンサーリンク

 

宝石の国モルガナイト

ま、このままでいいんじゃね?

きもいけど大人しいし

きもいけど迷惑かけねーだろ

きもいけど

見回り担当のモルガナイト。

ピンク色の宝石ということで、乙女なイメージがありますが。

実際は性格が悪く、フォスをからかって楽しんでいる宝石です。

フォスがナメクジ化した(と思われた)時も、助ける気が全くなく。

また、やんちゃなフォスよりも金剛先生に怒られることが多く。

初登場時、勝手に月人と戦ってボロ負けしていたことから。

モルガナイトは、金剛先生に思いっきり叱られています。

 

生まれ変わり

後に、モルガナイトは月人に連れ去られてしまいますが。

同じタイミングで、緖の浜から別のモルガナイトが誕生しています。

初登場時は70代で、性格は以前のモルガとは正反対。

ゴーシェナイトいわく、くっそシャイです。

他の宝石たちから、以前のモルガと比べられることで苦しんでいましたが。

フォスに励まされたことで、モルガは自信を取り戻しています。

また、そこでの話から。

フォスは以前、モルガからバカにされて腹を立てていたけど。

モルガとじゃれあってる時、ほんとは楽しかったことが発覚しています。

 

元ネタの宝石

鉱物の「モルガナイト」について。

宝石学を研究するクンツ博士が、金融王のモルガンの功績を祝って。

当時発見された宝石に「モルガナイト」と付けたことが、名前の由来になっています。

Morgan(名前)+ite(石)で、「morganite(モルガナイト)ですね。

 

宝石の国ゴーシェナイト

見回り担当のゴーシェナイト。

性格は優しく少女っぽいしぐさをしていて。

フォスが博物誌の仕事について悩んでいた時は、助言をしています。

あと、モルガナイトの行動に付き合っているせいか、一緒に金剛先生に叱られてしまうという。

ちょっとかわいそうな宝石です。

生まれ変わり

モルガナイトと一緒に月人に連れ去られしまった時。

同時に生まれた別人格のゴーシェナイト。

以前は大人しくて優しかったですが。

生まれ変わったゴーシェナイトは、少年のような活発な性格をしていて。

月人を斬ることに喜びを感じる戦闘狂に変化しています。

 

元ネタの宝石

鉱物の『ゴーシェナイト』について。

アメリカのマサチューセッツ州にあるゴーシェン(Goshen)で発見されたことが、名前の由来になっています。

 

スポンサーリンク

 

原作

宝石の国1巻〜7巻(最新刊)のネタバレ感想とあらすじ!

・宝石の国の登場人物キャラクター一覧と元ネタまとめ【画像】

宝石の国原作者の市川春子さんが語る裏話

 

キャラ紹介

・宝石の国フォスフォフィライト(主人公)の名言セリフまとめ

・宝石の国シンシャのかわいい魅力とヤンデレ具合を名言から見る

・宝石の国金剛先生、月人(しろ、博士)、流氷の正体を考察!

宝石の国ダイヤモンドとボルツのかわいい魅力

・宝石の国アンタークチサイトについて

・宝石の国ラピスラズリとカンゴーム(ゴースト・クォーツ)について

・宝石の国ルチルとパパラチアについて

・宝石の国ジェードとユークレースについて

・宝石の国レッドベリルとオブシディアンについて

・宝石の国モルガナイトとゴーシェナイトについて

・宝石の国ペニトアイトとネプチュナイトについて

・宝石の国アメシストサーティ・スリー&エイティーフォーについて

宝石の国イエローダイヤモンドとジルコンについて

・宝石の国ペリドットとスフェンについて

・宝石の国アドミラビリス族のウェントリコススとアクレアツスについて

・宝石の国ウァリエガツスとコクレアについて

 - 宝石の国