漫恋

もはや漫画に恋してる人の感想サイトです。

虫と歌(市川春子短編集)のネタバレ感想とあらすじ!

      2017/10/09

市川春子さんの「宝石の国」にハマって過去作品を読んだんですけど、宝石の国以上に話がムズい!

一回読んだだけじゃ「???」と頭がショートします。

宝石の国もそうだったんですが、この人の作品は二度、三度読んでるうちにだんだんと話が繋がって見えてきます。

シーン同士の繋がりが見えて、そこで「うわっそういうことだったのか!」と脳内で衝撃が走るという。

そういう面白さなので、分かりやすい話が好きな人には苦手な作品かもしれないです。

 

 

スポンサーリンク

「虫と歌」(市川春子短編集)について

 

この作品は短編が4つ集まったもので、タイトルは「星の恋人」「ヴァイオライト」「日下兄弟」「虫と歌」になります。

最後の「虫と歌」が四季大賞受賞作ということで、タイトルに当てられています。

ぱっと見「少女マンガ?」と思ってしまうくらい表紙がキレイなので、ジャケ買いする人が多そうですが。

どの作品も中身は「”人間に似た何か”との交流」が描かれているので「えっどゆこと???」とびっくりするかも。

でも少女マンガ的な要素もあるので、どう括っていいか分からない作品。。

あと宝石の国と同じでシュールで笑えるシーンが多い。

読む度に面白い発見ができるので、市川さんの作品は何度も読み返したくなってきます。

星の恋人:あらすじ

母親が不在になったということで、主人公のさつきは叔父の家に向かうことになり。

そこで叔父の娘つつじと出会うさつき。

それから、さつきは叔父から衝撃的な話を聞くことに。

その後は、さつきとつつじの交流を中心に話は進んでいきます。

星の恋人:ネタバレ感想

市川春子の世界観

出だしから市川さんの世界観が爆発してます。

まず主人公のさつきが”植物人間”という。

寝たきりという意味の植物人間じゃなくて、リアルに植物から生成された植物人間。

それで、さつきを産んだのは、植物発生学を専門にしてる教授(叔父)なんですが、容姿が完全に金剛先生w

重要な話をスルーするところも金剛先生と一緒です。

星の恋人は、植物人間のさつきの指から生まれたもう一人の植物人間”つつじ”との交流を描いた話になってます。

三角関係

主人公が植物人間という衝撃な話の後は、まさかの恋愛要素が入り、しかも三角関係。

さつきは、自分の指から生まれた”妹”のつつじに恋をしてしまうんですが。

つつじは、叔父のことを愛していたという。

そうよ私
朝はパパの母親で
昼は娘で
夜は恋人で
毎日心配で幸福で忙しくて
彼の身体が懐かしいなんて感じるヒマないの

つつじのこのセリフが印象的でした。

必死に言い訳して誤魔化そうとしていたつつじでしたが、さつきへの想いを踏みにじりたくない。

そう思って、つつじがとった手段は、「自分の腕を切る」ことでした。

さつきが叔父を想って、首飾りを作ろうとした時、指を切断してしまったように。

つつじもさつきを想って、自分の身体の一部を切り離しました。

さつきのことを好きになれる自分になるためにと。

つつじの切り離した身体の方は、完全にさつきのことを忘れていたことから。

身体の方は叔父だけを愛し、切り離した腕は人型になったら、さつきだけを愛すみたいなプログラミングが組まれているのかな。

人間も分裂することができたら、どんなに楽かと思ってしまいますw

スポンサーリンク

「ヴァイオライト」:あらすじ

サマーキャンプに行く途中、飛行機事故が起こり、なんとか一命をとりとめていた大輪未来。

同じ場所にいた天野すみれと一緒に、果たして山の中から脱出できるか、みたいな話です。

「ヴァイオライト」:ネタバレ感想

大輪未来と天野すみれのサバイバル生活が淡々と進んでいったと思いきや。

天野すみれの正体は、大輪未来が乗ってた飛行機事故の原因だった”雷”でした。

「宝石」「植物」「雷」と、市川さんの描く世界には”人間に似て非なるもの”が必ず出てきますよね。

人間という普遍的なテーマを扱ってるのに、登場するキャラがほとんど人間じゃない所に、市川作品の面白さがあるんだと思いました。

禁断の愛

雷(すみれ)は飛行機にぶつかってしまったことで、未来が飛行機から投げ出されてしまい。

未来を助けるために、雷(すみれ)は人型になっていました。

それからサバイバルしてる時に大輪未来は、天野すみれに好意を抱くんですが。

天野すみれは、弱っていた大輪未来を山から降ろした所でエネルギー切れ?で消えてしまい。

それで、大輪はすみれがいないことに気づき、目の前が崖になっていたことから。

先を見にいったんだな
なんだよおどろくな
いくならいくと
そう

そういって、自分もすみれがいる場所(天国)に行こうと、大輪は崖から飛び降りてしまいました。

最終的に、それを見ていたすみれが最後の力を振り絞ってもう一度現れますが、大輪の腕を焼き焦がしてしまい。

そのまま大輪は海の中へと消えてしまいました。

という、わりとバッドなエンドになっています。

それから今度は船に雷が当たってしまい、女子学生が遭難してしまうんですが。

すみれは、その女子学生を救いつつも、海に落ちた大輪を探し続けていました。

大輪はすみれに対して「相性が悪い」的なこと言ってて。

すみれも「めんどくせー」と、大輪を助けることを嫌がってましたけど。

最終的には、お互いが惹かれ合う形になるという、なんとも切なくなる回になってました。

スポンサーリンク

日下兄弟:あらすじ

肩を壊した高校球児の日下雪輝(くさかゆきてる)と、タンスのネジあてから生まれた“ヒナ”の交流を描いた話になってます。

桃太郎とかかぐや姫のネジあてバージョンみたいな感じ。

ネジでもすごいですが、あえて「ネジあて」っていう発想が斬新w

日下兄弟:ネタバレ感想

日下は肩を壊したことで野球部を退部して、無気力な生活を送っていました。

それから、野球部員たちがマネージャーでもいいからと、必死に部活に引き戻そうとするんですけど。

それでも日下は部活に戻る意思がなく。

唐突に生まれたネジあての”ヒナ”と、野球部員たちのドタバタ劇が繰り広げられつつ。

最後に、なぜ日下が野球部に戻ろうとしなかったのかが明かされています。

人間関係的な話がドロドロしていて、SFなのにリアル感が出てるというw

それと、ヒナの正体は”彗星のクズ(流れ星)”ということが判明し。

流れている時に地上に落ちてしまい、そのままネジあてにされてしまったと。

どう生きてればこんな発想できるんだよwwと、市川春子さんが天才と言われる所以を知った気分です。

それから、ヒナはなぜかずっと本を読んで、勉強していたんですけど。

それは日下の願いを叶えるためだったと知って、とにかく感動。

ヒナのおかげで最終的に日下は、自分が本当にやりたいことと向き合うことができました。

ヴァイオライトで切ない気持ちになってましたけど、今回の話は読後に気持ちよさを感じました。

スポンサーリンク

「虫と歌」:あらすじ

昆虫について研究している晃(こう)と、弟のうた、妹のはな。

それと晃が作り出した昆虫”しろう”との、共同生活を描いた話になってます。

タイトルになっただけある「虫と歌」が、個人的に衝撃が大きかったです。

虫と歌:ネタバレ感想

昆虫を研究していた晃ですが、普通の昆虫研究とは違い。

実験に失敗して人型の昆虫を作ってしまうという、謎の研究をしていました。

しかも身体の形からして、人間社会に馴染めないということで、その昆虫を海に沈めてしまうというマッドサイエンティストな晃。

海に沈められた昆虫が、後に晃の前に現れ。

後に”しろう”と名付けられて、晃とうたとはなとしろうの4人の生活が淡々と描かれていきます。

設定はSFなんですけど、話はどれも普通の日常なんですよね。

ホームステイで留学生がやってきた的なことを、擬人化でやってるみたいな。

かと思ったら、最後には衝撃な展開が!っていう上げ下げがあるんで、間延びしないという。

このラストの衝撃だけは、原作を見て味わってほしいw

スポンサーリンク

 

原作

宝石の国1巻〜7巻(最新刊)のネタバレ感想とあらすじ!

宝石の国1,2,3巻のネタバレ感想と伏線考察!

・宝石の国の登場人物キャラクター一覧と元ネタまとめ【画像】

宝石の国原作者の市川春子さんが語る裏話

 

キャラ紹介

・宝石の国フォスフォフィライト(主人公)の名言セリフまとめ

・宝石の国シンシャのかわいい魅力とヤンデレ具合を名言から見る

・宝石の国金剛先生、月人(しろ、博士)、流氷の正体を考察!

宝石の国ダイヤモンドとボルツのかわいい魅力

・宝石の国アンタークチサイトについて

・宝石の国ラピスラズリとカンゴーム(ゴースト・クォーツ)について

・宝石の国ルチルとパパラチアについて

・宝石の国ジェードとユークレースについて

・宝石の国レッドベリルとオブシディアンについて

・宝石の国モルガナイトとゴーシェナイトについて

・宝石の国ペニトアイトとネプチュナイトについて

・宝石の国アメシストサーティ・スリー&エイティーフォーについて

宝石の国イエローダイヤモンドとジルコンについて

・宝石の国ペリドットとスフェンについて

・宝石の国アドミラビリス族のウェントリコススとアクレアツスについて

・宝石の国ウァリエガツスとコクレアについて

 

人気キャラ投票

宝石の国キャラクター人気投票ランキング!

 - 宝石の国