漫恋

漫画に恋してる人が漫画の感想を綴る

【宝石の国6、7巻考察感想】七宝説について

      2017/08/30

宝石の国6、7巻のネタバレ感想と考察をまとめてます。

全話のあらすじを知りたい人は、こちらの記事へどうぞ。

宝石の国1巻〜7巻のネタバレとあらすじ!

 

スポンサーリンク

 

宝石の国6巻のネタバレ感想と考察

ウォーターメロントルマリンの強さ

6巻では、今までちょろっとした出てなかったウォーターメロントルマリンとヘミモルファイトが戦闘に参加してましたね。

ヘミモルファイトは若手のホープと呼ばれるものの、特にファインプレーはなかったけど。

メロンは、天然さがだいぶ発揮されてましたね。

月人との戦闘中、勝手に離脱して、フォスの所に行ったり。

フォスがアンタークの幻覚を見てる時にも、メロンは話を理解した気になったり。

普通におもしろいキャラなんですけど、実はかなり強いという。

怒った時に出す電気で、一気に月人を倒してます。

ふわふわなメロンだけど、宝石たちの中じゃ実はかなり強い方なのかも。

モルガ&ゴーシェ

カンゴームの名前を呼ぶ時、久しぶりにモルガゴーシェペアも出てきましたね。

最初にカンゴームの名前を呼んだモルガは、いきなり「ゴ」と言い間違えて。

ゴーシェに叩かれて、すぐに言い直してて笑えます。

謎の部屋とゲーム盤

これも「月人とアメシストの対峙」のシーンと同じで、「なにこれ」っていう「不安」を感じる描写ですよね。

家の造りが木造?っぽいので、明らかに宝石たちが住んでる星にはなさそうな空間が。

それとゲーム盤。

金剛先生が知ってるものばかりが、月人からどんどん出てきてますよね。

しろやら、後述する博士も含めて。

金剛先生に何かを思い出させて、戻ってきてほしいみたいな意図があるのかな。

2巻でも金剛先生が夢を見てて、その中で月人の雑たちに崇めれてたし。

そもそも、金剛先生は、人間が3つに分かれていたことを知っているとなると。

金剛先生と月人がやたら親しいのは、過去に一緒に暮らしてたから?

謎が謎を呼びますね、、

カンゴームのセリフ

後で読み返して面白かったのがこの部分。

破裂宝石トラップを出す月人を倒した後。

「次、軽率な行動とったら月人の前で叩き割るぞ」

カンゴームがフォスに脅していたシーンがありましたけど。

後に演技だけど、このセリフは実現してしまいましたね。

実は伏線になってたという。

 

スポンサーリンク

 

宝石の国7巻のネタバレ感想と考察

服飾狂

レッドベリルの活躍がいつにも増してすごかったです。

戦闘に参加してないにもかかわらず、ここまでキャラが濃いのは珍しい。

言葉という武器を使って、自分の仕事に対する姿勢をひたすら演説するシーンとか。

あれを毎回考えて練習してると思うと、余計に面白いですね。

シンシャの告白

シンシャは始めてフォスに直接、自分の想いをぶつけましたね。

けど、フォスは聞いてない。

「風の音で聞こえなかった」

シンシャが悪運なのか、フォスが鈍いのか。

二人はこの先、通じ合えるのか。

ていうか、宝石たちにも恋愛の概念はあるらしいけど、それって何を指しているんでしょうかね、、

 

七宝説

フォスフォフィライトの身体の構成要素が、仏教の教典にのっている「七宝(しちほう)」に近づいてない?

という方の意見があったんですけど。

調べてみると、ほんとにそうだったのでびっくり。

七宝は極楽浄土を飾る宝石のことだそうです。

仏教ワードが、ここでも登場していたとは。

今のフォスの身体は、貝殻、アゲートの足、金、白金、ラピスラズリで出来ていて。

それで七宝は、仏教の2つの教典によって種類が若干、異なるんですけど。

その1つの教典(無量寿経)に出てくる七宝で言うと、金、銀、瑠璃(るり)、玻璃(はり)、しゃこ、珊瑚(さんご)、瑪瑙(めのう)の七種のことを指しています。

瑠璃はラピスラズリの和名で、玻璃は水晶。

しゃこは貝殻で、瑪瑙は英名でアゲートです。

フォスの身体、だいぶそろってます。

あと、ルチルの日記に書いてあった、パパラチアの手術を仲間の1部で補うという話を繋げるとしたら。

フォス自体は変わらなくて。

もしかしたら、パパラチアを七宝にするのかもしれない。

地上にあるウァリエガツスが持ってるフォスのアゲートと、ラピスラズリの髪。

金と銀は小野浜で取るみたいな。

玻璃とサンゴが謎ですね。

でも、パパラチアの穴が7つだから、間違いなく全部の宝石が組み込まれそう。

それと宝石のパパラチアサファイアは、仏教で「極楽浄土に咲く花」として描かれているそうです。

このことからも、パパラチアが七宝になるフラグは立ってますね。

人格は、フォスかパパラチアか分からないけど。

アゲートのカケラのみで、フォスになるとしたら、インクルージョン強すぎてもはやギャグなレベル。

 

月人「博士」の容姿

フォスとボルツのセリフで、月人「博士」の容姿が「ルチルっぽい」っていうのがありましたよね。

それと、宝石たちの容姿は、金剛先生が整えてるという話から。

金剛先生は、過去に自分と関わった人間たちを真似て、宝石たちの容姿を整えている可能性がありそうですね。

博士のことを「かつて地上にいたもの」と金剛先生は言ってることからも、人間の可能性が高い。

話が進めば進むほど、金剛先生は謎ですね、、

 

スポンサーリンク

 

原作

宝石の国1巻〜7巻(最新刊)のネタバレ感想とあらすじ!

・宝石の国の登場人物キャラクター一覧と元ネタまとめ【画像】

宝石の国1,2,3巻のネタバレ感想と伏線考察!

・宝石の国4、5巻のネタバレ感想と考察!

・宝石の国6、7巻のネタバレ感想と考察!七宝説について

 

 

キャラ紹介

・宝石の国フォスフォフィライト(主人公)の名言セリフまとめ

・宝石の国シンシャのかわいい魅力とヤンデレ具合を名言から見る

・宝石の国金剛先生、月人(しろ、博士)、流氷の正体を考察!

宝石の国ダイヤモンドとボルツのかわいい魅力

・宝石の国アンタークチサイトについて

・宝石の国ラピスラズリとカンゴーム(ゴースト・クォーツ)について

・宝石の国ルチルとパパラチアについて

・宝石の国ジェードとユークレースについて

・宝石の国レッドベリルとオブシディアンについて

・宝石の国モルガナイトとゴーシェナイトについて

・宝石の国ペニトアイトとネプチュナイトについて

・宝石の国アメシストサーティ・スリー&エイティーフォーについて

宝石の国イエローダイヤモンドとジルコンについて

・宝石の国ペリドットとスフェンについて

・宝石の国アドミラビリス族のウェントリコススとアクレアツスについて

 - 宝石の国