宝石の国ルチルとパパラチアについて

      2017/09/28

宝石の国に登場する医者のルチルと、

ルチルとペアを組んでいたパパラチアについて、まとめています。

 

スポンサーリンク

 

宝石の国ルチルについて

意外とノリがいい

宝石たちを修復する医師を担当しているルチル。

冷静で物静かな性格をしていますが。

ルチルをやぶ医者扱いするフォスに対して、

「その口・・・緊急オペで閉じましょう」と。

フォスの挑発に乗ったり。

最年長のイエローダイヤモンドに対して、年齢のことでからかったりと。

いつも冷静なので真面目かと想いきや。

意外とノリが良いルチルです。

生態を調べるのが好き

職業柄、ルチルは、生物の生態を調べるのが大好きな宝石です。

フォスの腕が合金になった時は、腕を解剖しようとしていたり。

月人「しろ」が分散して、小さな生物になった時。

他の宝石たちは、小さな生物を攻撃するのをためらっていましたが。

ルチルは何の迷いもなく、小さな生物を解剖していたり。

金剛先生の身体を修復したことがあるかと、フォスに聞かれた時。

無いけど興味は超あると、興奮していたりと。

とにかく生態が気になって仕方がないルチルです。

元ネタの宝石

元ネタの宝石は『金紅石(きんこうせき)』。

別名で「ルチルクォーツ」と呼ばれています。

「ルチル」は、「金紅色」を意味するラテン語「rutilus」のことで。

クォーツは英語で「水晶」を意味する「quartz」になります。

ルチルクォーツには、ゴールドの他にブラックもあるんですが。

ブラックルチルクォーツは、かなり珍しい宝石のようです。

作中に登場するルチルは、髪色が黒いので、ブラックルチルと言えますね。

宝石の国パパラチアについて

特異体質

過去に、ルチルと見回り班のペアを組んでいたパパラチア。

戦闘狂のボルツの次に強く、年齢は3000歳を越えています。

もともと身体に穴が空いているということで。

ルチルから改造してもらわないと、起きられない宝石になっています。

また、改造するたびに、穴の形が変形していることから。

年々、起こすのが難しくなっているようです。

ルチルの医術は、このパパラチアの穴を塞ぐ手術によって磨かれていることから。

眠っていても、間接的に宝石たちの役に立っているパパラチアです。

でも、本人はルチルの負担を考慮して、自分の手術を辞めて欲しいと思っているという。

複雑な思いを抱えているようです。

元ネタの宝石

元ネタの宝石は「パパラチアサファイア」。

「パパラチア」は、スリランカの母国語「シンハラ語」で「蓮(はす)の花」を意味していて。

採れる量が少ないことから、幻の宝石と呼ばれています。

幻の宝石ということで、作中でもめったに起きない幻の宝石として扱われています。

 

スポンサーリンク

 

原作

宝石の国1巻〜7巻(最新刊)のネタバレ感想とあらすじ!

・宝石の国の登場人物キャラクター一覧と元ネタまとめ【画像】

宝石の国1,2,3巻のネタバレ感想と伏線考察!

・宝石の国4、5巻のネタバレ感想と考察!

・宝石の国6、7巻のネタバレ感想と考察!七宝説について

宝石の国原作者の市川春子さんが語る裏話

 

キャラ紹介

・宝石の国フォスフォフィライト(主人公)の名言セリフまとめ

・宝石の国シンシャのかわいい魅力とヤンデレ具合を名言から見る

・宝石の国金剛先生、月人(しろ、博士)、流氷の正体を考察!

宝石の国ダイヤモンドとボルツのかわいい魅力

・宝石の国アンタークチサイトについて

・宝石の国ラピスラズリとカンゴーム(ゴースト・クォーツ)について

・宝石の国ルチルとパパラチアについて

・宝石の国ジェードとユークレースについて

・宝石の国レッドベリルとオブシディアンについて

・宝石の国モルガナイトとゴーシェナイトについて

・宝石の国ペニトアイトとネプチュナイトについて

・宝石の国アメシストサーティ・スリー&エイティーフォーについて

宝石の国イエローダイヤモンドとジルコンについて

・宝石の国ペリドットとスフェンについて

・宝石の国アドミラビリス族のウェントリコススとアクレアツスについて

・宝石の国ウァリエガツスとコクレアについて

 

人気キャラ投票

宝石の国キャラクター人気投票ランキング!

 - 宝石の国