漫恋

もはや漫画に恋してる人の感想サイトです。

いぬやしきはグロそうで怖いけど面白いの?【評価レビュー】

      2017/10/05

「いぬやしき」は原作者が「GANTZ」を描いた人ということで。

ネット上を見ると「グロそうで怖い」みたいな意見があります。

面白い作品だとしても、グロすぎて読み続けられない。

というパターン、わりとありがち。(読み続ければ耐性がつく)

いぬやしきも面白そうだけど怖そうというイメージがあるので、その部分について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

いぬやしきはグロそうで怖いけど面白いの?【評価レビュー】

どんな話?

いぬやしきは、宇宙人の不時着事故に巻き込まれたおじさんと高校生が、生き返る所から始まり。(GANTZぽい)

おじさんの犬屋敷壱郎は、人を助けるために機械の能力を使い。

高校生の獅子神ヒロは、人をころすために機械の能力を使うみたいな話です。

設定的に面白そうで実際、次の展開がどんどん気になってくる漫画です。

 

で、グロいの?

人をころすシーンはありますが、GANTZみたいな色々グチャグチャしたキモ要素はないです。

機械の殺傷能力はすごくて街とか破壊しまくりますけど、獅子神が直接、人に手を出す時は指(銃)くらいですね。

グロ要素は少ないので、そういうのに抵抗がある人でも、楽しめる内容になってます。

あと、GANTZでは唐突に女性の裸が描かれてますが、いぬやしきでもそれは健全?です。

 

泣いてしまった

この記事ではネタバレを避けますが、いぬやしきは最後、死ぬほど泣けます。

途中、戦いばっかで話の中身が薄いなと思う時がありますが、それでも、最後になるとまさかの展開をむかえます。

ただロボットになった二人が、ガッチャンコガッチャンコするだけの話じゃなかったんだと、最終話で思い知らされます。

いぬやしきはアクション系だと思って読んでいたので、泣く準備?的なことをしていなかったから最後は呼吸が苦しくなるくらい泣いてしまいました。

自分でもまさかここまで泣けるとは思わなかったという。

なんならほんと、途中まで「話薄っ」って思ってたくらいですからね。

最終話読んで、「このラストのために、今までそういう風に描いていたのか」と。

実は伏線になっていたことを知って、かなり感動してしまいました。

 

 

原作

いぬやしき1、2巻のネタバレとあらすじ!

いぬやしき3、4巻のネタバレとあらすじ!

いぬやしき5、6巻のネタバレとあらすじ!

いぬやしき7、8、9巻のネタバレとあらすじ!

いぬやしきの苗字をタイトルにした由来とは?

 

キャラ紹介

いぬやしき犬屋敷壱郎の名言セリフと泣けるシーン【ネタバレ有】

いぬやしき獅子神ヒロの元ネタなど考察【ネタバレ有】

いぬやしき安堂直行(ちょっこー)の魅力まとめ【ネタバレ有】

いぬやしき犬屋敷麻里の可愛さと剛史のホビット族の話

いぬやしき井上ふみの(弁当屋)の謎の強さを考察【ネタバレ有】

いぬやしき鮫島(ヤクザ)についての考察【ネタバレ有】

いぬやしき機械(ロボット)の戦闘能力の強さまとめ!

 

 

 - いぬやしき