漫恋

もはや漫画に恋してる人の感想サイトです。

賭ケグルイ原作者の河本ほむらとは?司法試験にも合格していた!?

      2017/10/05

賭ケグルイは、シリーズ累計200万部と大ヒット作品になっていて。

スピンオフ連載も、今年に入って二作登場。

さらにはアニメ化と、勢いがすごいマンガです。

今回は、そんなマンガを描く、原作者の河本(かわもと)ほむらさんについて、まとめてます。

 

スポンサーリンク

 

賭ケグルイ原作者の河本ほむらとは?司法試験にも合格していた!?

河本ほむらさんは、2009年から「牛乳」名義で、Web漫画を掲載していて。

2013年に、ガンガンJOKER新人漫画賞のネーム部門で受賞しています。

その1年後の2014年で、河本さんは、賭ケグルイでプロデビューしています。

デビュー作品が、賭ケグルイだったんですね。

それで、200万部越えで、アニメ化もされてるからすごい。

しかも、それだけじゃなく。

河本さんは、最難関の国家試験といわれる司法試験にも、合格していたんです。

しかも、賭ケグルイ連載と、ほぼ同じ時期に、です。

どんな時間の使い方してんの、、とびっくりなんですが。

河本ほむらさんの書籍「2つの夢を叶える方法」では、実際に河本さんの論理思考の仕方とか、賭ケグルイの裏話まで読めるのでオススメです。

あんな狂った漫画書いてる人が、実はめちゃくちゃしっかりした本出してることにも驚きです。

夢の叶え方を、論理的にまとめてるので、精神論じゃなくて実践向きになってます。

 弟も作家!?

それで、河本さんには弟がいるんですが。

作家として活躍している武野光(むのひかる)さんという方なんです。

武野さんと言えば、ブログ「無能の就活。」や、「凡人面接戦略」など。

就職活動で、あまり実績がない人を対象とした、内定のコツについて話しています。

僕は就職活動中に、武野さんを知りましたが。それから数年経って、賭ケグルイ原作者の弟と知ってびっくりしました。

そして、弟の武野さんも、河本さんと一緒に、賭ケグルイの構想を練っていたそうです。

しかも、原作のあとがきで、何度も登場してくる、友達の「田中」さん。

彼が、実は「賭ケグルイ」っていうタイトルを、考えた人みたいです。

友達の発想から、まさかここまで人気漫画になるって。田中さん本人もびっくりですよね。

あとがきで何度も出てくるのは、それくらい重要な人物だったってことが、わかりました。

 

現在の連載作品数が恐ろしい

 

スポンサーリンク

 

河本ほむらさんが関わる連載作品は現在、7作あります。

 

賭ケグルイ

賭ケグルイ双

賭ケグルイ妄

賭ケグルイ(仮)異世界法廷 ~反駁の異法弁護士~

煉獄デッドロール

ギャグ漫画の賭ケグルイ(仮)なんかは、別の人が話作ってると思いますけど。

それを除いても、どんなペースで話作ってるのか、恐ろしい作業速度です。

プロデビューと司法試験合格を、同時に成し遂げる人なので。

その時の時間の使い方が、今の作業に活きてるんですね。

追記

河本さん監修で、弟の武野さんと小説出してました。

やることが早いw

本編

 

スピンオフ

 

 

 - 賭ケグルイ