漫恋

人気漫画のネタバレ感想・考察サイト

賭ケグルイ8巻(最新刊)のネタバレ感想!陰喰三欲と陽喰三理の暴力

      2017/10/01

「ギャンブル」と「暴力」。

どちらが勝つか。

そんな賭ケグルイ8巻のネタバレ感想になります。

 

スポンサーリンク

 

賭ケグルイ8巻(最新刊)のネタバレ感想!

陰喰三欲と陽喰三理

夢子の次の対戦相手は、百喰一族の陰喰三欲(いんばみみよ)と陽喰三理(ようばみみり)。

それで、この二人がグルになって、夢子を陥れる可能性があるということで。

夢子をサポートするために、今回はあの鈴井涼太も、ゲームに参戦。

4人がやるギャンブルは、「ニム零式」というゲーム。

場の合計値が「9」を越えたら負けというシンプルなものになってました。

鈴井、賭け狂いの道へ

生徒会長選挙では、持ってる票を賭けることになりますが。

今回は、借金をすることで票を増やすことができるルールが追加され。

しょっぱな30枚賭けるという、相変わらず飛ばす夢子。

そして夢子の意思を汲み取って、鈴井も同票賭けています。

夢子のギャンブルを見すぎて、感覚が狂ったのか。

鈴井も賭け狂いの道へと進んでいます。

それだけでなく。

「おそらくは・・・」「たぶん」

「・・・と思う」「きっと・・・」と。

自信無さげに鈴井は戦略を考えていたけど、場の流れを読んで初戦は勝利するなど。

いつの間にか、ギャンブルの能力が上がっていたので、びっくりしました。

暴力

二回戦目に入る前、夢子が急に倒れて、その原因が「毒」だったことが発覚。

陰喰陽喰の両家が製薬会社を経営していたということで、皇パターンですね。

皇の時は単なるトランプのイカサマでしたが。

今回は人の命を奪う毒という、もはやイカサマとかの話じゃなくなってて怖い。

 

スポンサーリンク

 

副会長リリカの迷いとキレるメアリ

「命令されてやったことで

自分の責任じゃありません」って言いたいの?

陰喰と陽喰の狙いは夢子じゃなくて、単に選挙で勝つための「票」ということでした。

票を多くもっている人がいると聞いて、二人はゲームに参加しています。

その話をふっかけたのは、副会長のリリカで。

リリカは、メアリに100票与えて、自分の仲間にするという誘いを断られないように。

陰喰と陽喰を利用して、夢子を危機に陥れていました。

けど副会長は、誰かの指示で動いているような発言をしていたことで。

自分の意思を感じられないリリカに、メアリはブチ切れてます。

メアリは過去に、自分の尊厳が傷ついたということで、キラリの生徒会入会の誘いを断っていましたが。

そのことから、メアリは目先の利益よりも、自分の意思を何よりも大事にしているといえます。

なので、意思を感じられず他人に責任を押しつけるようなリリカの物言いに、メアリは余計に腹を立てているんですね。

メアリは相変わらず男らしいですが。

前巻に続き、副会長の弱々しい表情が可愛い話になってました。

鈴井の覚悟

夢子を信じる

早乙女を信じる

それが僕のギャンブルだ!

陰喰と陽喰に勝てば、毒を取り除く「血清」が票の代わりに手に入るということですが。

負ければ、毒が盛られた針に指を突き刺すという。

つまりは、負け=死のゲームをすることになりますが。

夢子を助けるためにメアリだけでなく、鈴井も二回戦目に参加することに。

弱腰になりながらも今回の鈴井は、今までの巻の中で一番存在感がありました。

ゲーム開始前に夢子は「メアリの言うことに従って」と、鈴井に助言していて。

ゲーム開始直後、メアリは鈴井が不利になるような行動を要求していましたが。

鈴井は二人を信じて、自分の身が危険になる行動をとっています。

それから陰喰は「メアリに騙されている」と、鈴井に揺さぶりをかけていますが。

「そんなの面白くない」と。

夢子の思想が伝染している鈴井。

8巻に来て、ようやく主役のようなキャラになっていたのでかっこよかったです。

 

スポンサーリンク

 

公正なギャンブル

ここは百花王学園

この学園において弱者は・・・

あんた達の方だ!

ギャンブルをする気がなく、単に暴力(毒)で勝てばいいと。

学園の存在自体を冒涜(ぼうとく)していた陰喰と陽喰。

最終的には洞察力に優れていたメアリが、黄泉月るなの仕組んだイカサマに気づいて、ゲームに勝利しています。

黄泉月るなは、陰喰と陽喰の毒に気づき。

暴力で勝つのはフェアじゃないということで、見抜けば「誰でも」勝てるようなイカサマを仕組んでいたようです。

暴力を行使していた陰喰と陽喰ですが、洞察力は高くなかったので。

結果的に、ちゃんとギャンブルの能力を評価されて、メアリは勝ったということですね。

その後、夢子は自分の命をベットして、メアリを呼んでいたことが分かり。

夢子のギャンブルに対する覚悟に触れたことで、メアリは生徒会長になる発言をしています。

最終的に夢子、メアリ、キラリの三つ巴の戦いになりそう。

賭ケグルイ8巻(最新刊)のネタバレ感想まとめ

8巻は、今までほぼモブだった鈴井涼太が、主役級の活躍をしていてかっこよかったです。

それと今回は夢子が倒れたということで、出番がメアリに回っていますが。

読んでいて途中思ったのが、「これ、賭ケグルイ双やん」という。

夢子はこれまで無双状態だったので、本編のギャンブルは緊張感を感じられませんでしたが。

今回の話は、もはや双みたいな話になっていたので。

本編の中でも、かなり緊張感あるギャンブルになってました。

 

本編

 

スピンオフ

 - 賭ケグルイ