恋は雨上がりのように橘あきらのかわいい魅力と名言セリフ!

      2017/11/10

「恋は雨上がりのように」に登場する橘(たちばな)あきらの魅力など紹介してます。

スポンサーリンク

橘あきらのかわいい魅力①:さばさばしてるけど意外な面も

橘あきらはさばさば系女子ということで。

友達にも頼らず、自分で自分の悩みを自己解決しそうな感じがするけど。

ネット掲示板で恋の悩みを質問するという、まさかな意外な面があって面白いです。

引用:「恋は雨上がりのように」電子書籍版1巻

回答をもらって、真に受けてショックを受ける所もかわいい。

 

橘あきらのかわいい魅力②:正直

橘あきらは後半で紹介する名言にも通じるんですが、とにかく正直な性格なんですよね。

興味ない加瀬とデートすることになった時は、地元のコンビニに行く時みたいなものすごいラフな格好をしたり。(普通に部屋着)

逆に、大好きな近藤店長とデートするときは、女子らしいワンピースを着ていて。

加瀬の時と近藤店長の時の服装と態度の高低差に、笑えてきます。

あと、加瀬の時は早く帰りたがっていたあきらだけど。

対象的に、店長の時は逆に早く帰ろうとする店長を必死に引き止めているあきらがかわいいです。

橘あきらのかわいい魅力③:天然

後輩とか子供の面倒見が良いので、しっかり者かと思いきや。

意外に天然な所があるあきら。

例えば、店長に砂糖の数を聞いて、店長は年齢を聞かれたと思って「45」と答えた時。

あきらは、何も考えず言われた通り”砂糖”を45個入れようとするという。

クールビューティーだけど天然な所が面白くてかわいいです。

あと、店長が砂糖を45個入れようとするあきらを見て、びっくりして目ン玉飛び出してましたけど。

近藤店長のオヤジ臭さは、セリフとか行動だけじゃなくて。描写にも現れていて面白いですね。

他にも、あきらは小学生の間で流行ってる恋を叶えるマスコットキャラ「ムキ彦」グッズの収集に勤しんでいたりと。

天然というか純粋というか。

店長に対する一途さがすさまじい。

橘あきらのかわいい魅力④:店長に対するえげつない愛情

近藤店長のことになると、並々ならぬ洞察力を発揮するあきら。

店長の言葉1つ1つ聞き漏らさず、次の展開に繋げていくガツガツさは、スピード感があってとにかく面白い。

「僕とデートしてみ?気持ち悪いから?」と言われた時にはすぐに「デートしてくれるんですかっ!」と返したり。

「友達としてのハグ。」と近藤店長に言われた時には、「友達」を切り口にして「友達ならメール普通にしますよね?」と切り込んだり。

古新聞を捨てに行く時に目に入った「古本市」のチラシから、本好きな近藤店長を誘うという好プレー。

思えば、仕掛けてるのはほぼあきらで、店長からデートに誘ったことってないですよね。

消極的な近藤店長に対して、とにかく異常な積極性を発揮しているあきらなので、二人の関係が進展していってます。

その甲斐あって、ついには近藤店長の方から、あきらに好意を寄せるようになりましたね。

橘あきらかわいい魅力⑤:とにかく表情豊か

橘あきらは基本的に無口でクール。

無愛想だからこそ、表情を動かした時の破壊力がやばいです。

この記事でも、だいぶ紹介しましたけど。

【恋は雨上がりのように】ネタバレ有りで面白い魅力を紹介!

同級生に見せる顔、近藤店長に見せる顔、子供に見せる顔、父親に見せる顔、母親に見せる顔などなど。

細かい所で気づきにくいけど、人によって接する時の表情が微妙に違う所に妙にリアルさを感じさせます。

設定がファンタジーなんだけど、登場キャラの描き方がやたら細かいから、地に足ついてるというか。

恋愛漫画嫌いでも、拒否反応があまり起こらない所がすごいんですよね。

 

スポンサーリンク

 

橘あきらの名言セリフ

ここには何もないです。あたし、店長のこと好きです。

あなたのことが好きです

1巻で、主人公が二度告白するというスピード感。

2巻に至っては、もはやキレながら告白してますが、、

少女漫画って付き合う直前が一番の盛り上がりで、告白して付き合った後ってなぜか急にダレるんですよね(個人的にそう感じる)

けど、「恋は雨上がりのように」は「年の差」があるということで。

告白してもしなくても関係性はそこまで変わらないと、作者がインタビューでもいってましたが、確かにそうかもと納得しました。

なので、告白してからはOKだけど「恋人」というよりは、普通に「友達」という形で、話は進んでいってます。

この有耶無耶(うやむや)な感じというか、手探り感、先の見えない展開が面白いですよね。

ゴールが明確じゃないから、何をもって「恋人」になるのかが分からないという。

 

本当に好きな人がいるのに、あきらめて別の人のところへ行くなんて・・・あたしは考えられない。

学祭で学校に来た西田ユイと話していた時のセリフ。

あきらの正直な性格が全面に出てた名言ですね。

 

は?

近藤店長が、息子の勇斗を楽しませようとしてオヤジギャグを発揮した結果。

つまらなさすぎて、思わず近藤店長を疑うあきら。

どんなに好きな人でも、つまらないものはつまらない。

感情に嘘をつかない正直なあきらに笑えます。

 

大人になると新しいデータを入れる場所。ないんですか?

ー中略ー

本当は入れたいんですか?新しい・・・データを・・・

近藤店長が、人間の記憶を、パソコンのデータ容量に例えた時のあきらのセリフ。

作者はなんとなく性的な意味も込めて、この表現を使ってる気がする、、

それとも自分の心が濁っているだけなのか。不安。

その他

友達

引用:電子書籍版4巻

近藤店長に、「恋人」でなく「友達」と、あしらわれてしまったあきら。

その時にあきらの肩から突如出現したのはまさかの20世紀少年に出てくる謎の人物”ともだち”。

引用:20世紀少年

唐突にギャグをぶち込んでくるのは卑怯ですね、、

さすがに笑うしかない。

 

神聖かまってちゃん「フロントメモリー」

8巻第60話で。あきらが学校で聴いていた音楽。

これは、歌詞から「神聖かまってちゃん」の「フロントメモリー」と思われます。

動画は、.川本真琴さんバージョンになってます。

 

スポンサーリンク

 

・【恋は雨上がりのように】ネタバレ有りで面白い魅力を紹介!

・恋は雨上がりのように9巻のネタバレ感想!翠(あきら)と失恋と夢

・恋は雨上がりのように橘あきらのかわいい魅力と名言セリフ!

・恋は雨上がりのように:近藤店長の名言を考察!モデルは後藤隊長?

恋は雨上がりのように:喜屋武はるかとあきらの関係から結末を予想!

・恋は雨上がりのように:加瀬亮介がチャラ男すぎてうざい!けど・・

 - 恋は雨上がりのように