漫恋

人気漫画のネタバレ感想・考察サイト

魔法使いの嫁の嫁5,6巻のネタバレとあらすじ!

      2017/09/08

魔法使いの嫁5巻のネタバレ

5巻は、智世に関わる妖精たちの話が、メインになっています。

リャナン・シーとジョエルの関係

智世が知り合った老人のジョエルが、目を覚まさないと。

ジョエルに憑いている妖精の吸血鬼リャナン・シーが、智世に助けを求め。

それから、ジョエルを見たエリアスは、リャナン・シーに、余命残りわずかしかないことを伝え。

人間に見えるはずのない妖精を一度見たジョエルは、もう一度、リャナン・シーを見たいと。

その願いを叶えるために、智世は、人間でも妖精が見えるようになる塗り薬を作ることに。

魔法使いは、妖精の力を借りることで、魔法の力を高めることができますが。

妖精は、人間に見られることを嫌っているので、協力は得られず。

智世は、5日間寝ずに、一人で塗り薬を作ることに。

塗り薬の調合に成功した後、リャナン・シーは、塗り薬を使い。

妖精が見えるようになったジョエルと、会話することができましたが。

吸血鬼の本能に最後まで逆らえず。

リャナン・シーは、血を吸い取り、ジョエルは消滅してしまいました。

ブラックドッグのルツの話もそうでしたが。

妖精たちは誰かを愛すと、自分の生きる目的とか存在を、忘れてしまうみたいです。

リャナン・シーは、自分が人に憑いて、血を吸い続ける吸血鬼ということを忘れ。

本気でジョエルのことを愛してしまったようです。

それでも、リャナン・シーは、無意識で血を吸い続けていたので、ジョエルは衰え。

最後には、血を奪い取り終え、消滅するという、悲しい結末を迎えています。

けど、ジョエルは、奥さんを失ってから、惰性で生きていて。

一度見たリャナン・シーに恋をして、もう一度会いたいと、希望を持つことができたので。

死に際に、リャナン・シーに会うことができて、夢を叶えられたと考えると。

ハッピーな終わり方とも、捉えられますね。

生気を少しずつ取り戻す智世

塗り薬を作るために5日間、魔法を使い続けたことで、智世は体を壊し。

妖精の国で、治療を受けることに。

そこで、妖精の医師シャノンは、智世を治療したと思いきや。

今度は、智世を池へと無理やりしずめて、ころそうとしています。

母親に首をしめられた過去を思い出す智世ですが。

エリアスのことが脳内をよぎった瞬間。

シャノンに手をかけ、逆に池の中へと引きずり落とす智世。

その後、シャノンの発言から。

池にしずめたのは、智世を生き返らせるための施策だったことが分かり。

生き物は死にそうになると、生存本能で生き返るけど。

瀕死になった智世を見ても、生きる気力を感じられなかった。

だから、智世に生気を取り戻させるために、智世を襲ったと。

シャノンは、発言しています。

自分の余命を聞かされて笑ったり。

寿命が尽きる前のドラゴンのことを、羨ましがる智世でしたが。

エリアスとの関係が深まったことで、生きることに対して、希望を持ち始めているようですね。

 

スポンサーリンク

 

魔法使いの嫁6巻のネタバレ

6巻は、アリスとレンフレッドの過去話と。

智世と灰ノ目の争いの話になっていて。

エリアスが、怒ったり嫉妬したりと。

智世に対する愛情が感じられる回になってます。

アリスの過去とエリアスの感情

弟子のアリスが、師匠のレンフレッドに渡すクリスマスプレゼントを探すため。

智世に、一緒に買い物を手伝ってほしいと頼んでいたアリス。

いつの間にか、智世はアリスと仲良くなり。

アリスは、自分の過去を語り。

薬を売って生計を立てていた時、レンフレッドが目の前に現れ。

魔力があるからという理由で。

レンフレッドは、アリスに寝床を与えて、弟子として迎え入れることに。

それから、アリスは疑いながらも、レンフレッドの仕事の手伝いをし始めましたが。

仕事中、開けるなと言われた本を、アリスが開けてしまい。

その本から現れた怪物に襲われた所を、レンフレッドに守ってもらったことで。

アリスは、レンフレッドへの忠誠心が高まっていたようです。

買い物が終わって、智世が家に帰った時。

黙って外に出ていったということで、エリアスは智世を叱り。

そこでブラックドッグから指摘されたことで。

エリアスは、自分が智世に対して「怒っている」という感情に気づいたようです。

今まで感情もなく、ただ智世が喜ぶ言葉ばかりを選んでいたエリアスですが。

少しずつ、智世に対して愛情が芽生え始めてるようです。

ステラとイーサン

弟のイーサンがいなくなり。

両親も、弟の存在を忘れているということで。

姉のステラが、目の前にいた智世に助けを求め。

ステラは、お菓子を渡すことを対価に、エリアスと契約し。

エリアスは、弟のイーサンを探す手伝いをすることに。

その後、智世とエリアスの前に、灰ノ目が現れ。

ステラの「あんたみたいなわがままな弟いらない」という「言葉」を聞いたことで。

灰ノ目は、ステラの望みどおり、弟のイーサンを連れ去っていました。

それから、灰ノ目はエリアスも、イーサンのいる所へ閉じ込め。

日没までに2人を探せなかったら自分のもの、という条件のもと。

智世とステラは、エリアスたちを探すことに。

智世は、灰ノ目のヒントを思い出し。

過去に、キツネに変えられた時の「獣の皮」をかぶり。

獣に変化して、鼻が利く状態になったことで、智世は、エリアスたちがいる場所を見つけることができました。

エリアスの嫉妬

事件の後、智世とステラは仲良くなり。

新しくできた友達に、楽しそうに話す智世。

話し声を聞いていたエリアスは、獣の姿になって突然、家から離れ。

家から離れたことに気づいた智世は、エリアスを追い。

途中、エリアスは、智世に襲いかかり、動けない状態にしています。

それから、エリアスは、逃げた理由を話し。

2人が楽しそうに会話しているのを聞いて、ステラに早く帰ってほしいと思った。

そう発言するエリアス。

智世は人間を知るための実験体だと、エリアスは最初捉えていましたが。

気づかないうちに、嫉妬の感情が生まれるくらい。

エリアスにとって、智世は大切な存在になっていたみたいですね。

最後に、灰ノ目が、カルタフィルスの実験に協力している場面があり。

ステラの首にチクッと。

カルタフィルスは、小さな痛みを与えている場面で、話が終わります。

 

スポンサーリンク

 

原作紹介

1,2巻

3,4巻

5,6巻

7巻

 

 - マンガ