漫恋

もはや漫画に恋してる人の感想サイトです。

メイドインアビスアニメ4話までの感想評価!

      2017/08/11

メイドインアビスのアニメ4話までの感想についてです。

 

スポンサーリンク

 

メイドインアビスアニメ1話「大穴の街」の感想評価

ベニクチナワに襲われるスタート

まず出だしから、1巻の緊迫シーンに入っていました。

リコとナットが、アビスの表層の探窟をしてる時。

ナットが、原生生物のベニクチナワに襲われて、リコが笛で注意を引き。

今度はリコが食べられそうになったところで、

ベニクチナワは、レグの火葬砲を受けて逃げています。

1巻の見せ場を先に持ってくることで、後の冒険がどんなものか、気になる演出になってましたね。

あと、リコ飯の1つ、リコ爆弾を食べるオリジナルシーンがあって、リコがかわいかったです。

それと、ベニクチナワに襲われた時。

リコの「腕が折れて・・・ない!」も再現していて面白かったです。

 

BGMが壮大すぎてかっこいい

ベニクチナワが逃げた後。

リコがレグを見つけて、運び出すシーンで。

民族風のBGMと共に「メイドインアビス」のタイトルが出て、かっこいい演出になってました。

BGMが、特に作品の雰囲気を良くしてくれてて。

「これはジブリか?」と、錯覚するくらい。壮大な音になってます。

 

キユイの活躍

原作では空気のような存在だったキユイ。

ですが、アニメではさっそく活躍してました。

リコとナットが、レグを孤児院内に連れ込むため。

キユイが、孤児院の入り口内にいた院長の注意を引き。

そのまま、バレずにレグを孤児院に連れ込むことができました。

あと原作のキユイは、言葉がたどたどしい感じがありましたが。

アニメでは、普通に喋っていたので、キユイ感があまりなかったです。

 

孤児院内の描写

 

スポンサーリンク

 

孤児院内で、院長が説明してるシーンがありましたが。

全体的に、雰囲気が魔法学校ぽくなってる気がしました。

院長が魔女みたいな。

アニメは、原作以上に民族感を演出してるので、そう感じたのかもしれないですね。

それと、原作のやりとりも、きっちり再現してくれていて。

院長の「言いたいことは1つだけだよ」の後の「あと一つ」に。

「2つ目だ」「2つ目だ」と、生徒たちがツッコミを入れるシーンが面白いです。

あと問題のシーン。

院長が、裸吊りの話をした時。

リコの裸吊りの描写が原作ではありましたが。

さすがにそのシーンは、カットされていました。

健全なアニメになってます。

 

リコがレグにアビスを紹介するシーン

おおまかな話は、原作どおりになっていて。

最後の場面では、リコがレグに、アビスを紹介するオリジナルシーンがあって。

アビスの設定を解説するナレーションが、後から入り。

そこからのエンディング(OP主題歌)「Deep in Abyss」。

終わり方も、最高にかっこよかったです。

もはや映画みたいな、壮大な雰囲気を感じる、アニメに仕上がってます。

 

まとめ

1話は、リコがレグを孤児院に連れ込んで。リコがレグにアビスの説明をする所で、終わりました。

全体的に、キャラの声もデザインも、まるで原作と違和感がない。

マンガのキャラが、そのまま動いてるような感じがして、面白かったです。

あと、BGMが壮大すぎて興奮します。

興奮したまま1話が終わり、次回タイトルの絵に移った時。

その絵が、リコたちのいるアビスの現在地になっていて。

細かい演出ですが、アニメの作り込み具合に、こだわりを感じました。

それとエンドカードで、他作品の「ぼのぼの」が出てきたのが、面白かったです。

今の所、デメリットが見当たらないくらい、アニメは最高の演出になってました。

けど、問題は、その先のグロシーン。

これをどう演出するかが、かなり気になります。

 

スポンサーリンク

 

 

メイドインアビスアニメ2話「復活祭」の感想評価

オープニングで黎明卿ボンドルドを発見

オープニングでは、先の話の情報が盛り込まれてて、かっこよかったです。

トコシエコウの花畑にいるリコの母親とか。

オーゼンとマルルク、ナナチと続いて。

ほんの一瞬ですが、ゲス外道ボンドルドの姿もありました。

チラ見せという、ものすごく気になるオープニングになってます。

 

原作のクダリ

2話の出だしは、原作1話と同じですね。

リコの語り口調から入って「また始まったねー」「そう、始まっていたのです!」のクダリは、もう一回ありますが。

次は、感動するシーンになってます。

 

レグの身体検査

リコのレグ分析の話で、股間も調べてた発言。

ここも、1話の裸釣りの描写同様に、カットされると思っていましたが。

普通にぶっこんできたので、笑ってしまいました。

しかもキユイも、股間に興味を持つというおまけ付き。

それと、1話でカットされてたリコの裸釣りシーンが、レグの孤児院生活の回想の中で出てきました。

アニメはだいぶ攻めて来てます。

 

スポンサーリンク

 

ハボルグの声がイケメン

黒笛のハボルグの声は、もっとゴツい声かと思ったんですが。

普通にイケメンボイスになってたので、ちょっと違和感がありました。

マンガより、アニメの方がかっこよく見えます。

声優さんは、稲田徹さんで。

キルラキルの蒲郡(がまごおり)とか、今期のFateの赤のキャスターを演じてる人ですね。

 

エンディングも明るい

アビス内で冒険してるリコたちの演出があり、とにかく明るいエンディングでしたね。

この後のグロシーンが来るなんて、一ミリも想像できないくらい明るいです。

話が暗いから、せめて音楽だけでも、明るくしようということでしょうか。

 

まとめ

次の話は、リコとレグがアビスに入る話ですね。

これまで世界観の説明も、ほぼカット無しで入っていたので。

マンガのテンポと同じスピードで進んでいます。

なので、アニメから入っても、普通に楽しめますね。

エンディング終わりには、リコの裸釣りシーンが流れるという。

軽い放送事故回となってました。

 

スポンサーリンク

 

メイドインアビスアニメ3話「出発」の感想評価

ナットの噂話とキユイ

穴を掘ってる時、いきなりガイコツが出てきて動揺するレグ。

そのあと、ナットがレグを怖がらせるために「最近、誕生日になると人が亡くなっている」という噂話をしていて。

それと、レグがお別れの挨拶でキユイの所へ行き。

「あさって誕生日ぃ」と、咳を込むシーンがありましたが。

これは、ナットの言っていた噂話と繋がっているんです。

キユイはそのあと、具合がどんどん悪くなっていくんですが。

その話は、本編「ハローアビス」では見られず。

メイドインアビスの番外編「ハウアーユードコカ」で読むことができます。

番外編は、リコとレグが、アビスに入った後の話になっていて。

本編の重要な伏線に繋がる話にも触れているので、本編並に面白いです。

メイドインアビス番外編ハウアーユードコカ1巻のネタバレ感想!

アビス内の説明

リコの母親、ライザの封書で、アビスの深界五層の話があり。

これは、かなり後になりますが、重要な伏線になっています。

リコが、封書の内容を覚えているのがある意味すごい。

戦力がないリコですが、アビスの知識が異常にあるので、仲間の役に立ってます。

それと、シギーの話でも、アビス内の話がありましたね。

原作は、ここでも深界四層の伏線が入っていたんですが、アニメではカットされています。

ちょうどその界で、リコは大変なことになっているので、伏線として盛り込んでほしかったですね。

原作読んでいても唸る演出のかっこよさ

音楽もそうですが。

リコ達がアビスに入るため岸壁街に向かってる時に、エンドロールが流れるという演出。

1話目の、ナレーションがあってからのエンディングもそうですが。

メイドインアビスのアニメは、原作の雰囲気をそのままにして、演出がよりかっこよくなってます。

最後のナレーションも、原作組からすると、「おっこれは」と嬉しくなる演出。

 

闇すらも及ばぬ、深淵へと、その身を捧げ挑む者たちにアビスは全てを与えるという

生きて死ぬ、呪いと祝福のその全てを

旅路の果てに何を選びとり、終わるのか

決められるのは奈落の意思か、それに挑む者だけである

 

これは、敵のセリフなんですが、出発にこのセリフを持ってくるとは。

とにかく演出がかっこいい3話でした。

まとめ

今回は、アビス内の説明と、リコとレグのアビスへの出発の話でしたね。

アニメでは、世界観を伝えるために、3話分使っていて。

見る人にとっては、単調と感じられたかもしれません。

けど、アビス内に入ってからの話は、別次元に面白くなるので。

4話からが、メイドインアビスの本当の始まりになってると言えます。

 

スポンサーリンク

 

メイドインアビスアニメ4話「アビスの淵」の感想評価

冒険感が伝わるゲーム音楽

身の危険を察知できるように、レグの腕を伸ばしテントから始まり。

深界一層「アビスの淵」に入る2人。

アニメだとマンガ以上に、アビスの広さとか景色のキレイさが伝わってきます。

そこで、リコ飯の調理シーン。

魚(原生生物)の味噌汁的なものを作るリコ。

これは深夜帯に見てる人は、なかなかの飯テロなシーンになってます。

それから、リコが球体の遺物を、突然ブンブン振り回す所は、アニメでもかわいい。

アビスを降りてる時の2人の場面になり。

民族調のBGMが、どこかゲーム音楽ぽくて、聞いていてワクワクしてきます。

3Dな原生生物

2人の前に、原生生物「ゴコウゲ」が、ちょろっと登場しましたが、3Dで迫力がものすごい。

一層でもすでに危険な感じなのに、下の層はどうなってんの?

みたいな、先の冒険が気になる場面になってますね。

レグの仕様

それから深界二層「誘いの森」に入り。

レグが、追ってくる相手を確かめるために、「カシャ」と機械音鳴らしながら目でズームしてますが。

アニメは、レグのロボット感が伝わる仕様になっていて、かっこいい。

最後に、ハボルグの登場で。

次に向かう監視基地(シーカーキャンプ)にいる、白笛オーゼンの話題があって4話は終わり。

先へ先へと、話が繋がっているので、続きが気になる展開になってます。

 

アニメ

メイドインアビスアニメ声優キャストと登場人物まとめ

 

メイドインアビス音楽(BGM)担当のkevinpenkinとは

 

原作

メイドインアビスってグロいの?アニメは原作を再現できる?

 

メイドインアビスのネタバレ感想まとめ!

 

メイドインアビスの伏線を考察!ネタバレ有

 

メイドインアビスの用語設定を解説!

 

ブルーレイ、DVDボックスの特典が、すさまじいです。

メイドインアビスの設定集とか、エンドカード集、絵コンテ集など、盛り沢山になってます。

 

 - メイドインアビス