漫恋

もはや漫画に恋してる人の感想サイトです。

メイドインアビス音楽(BGM)担当のkevinpenkinとは

      2017/10/01

メイドインアビスのアニメを見てびっくりしましたよね。

思わず「BGMかっけー!」ってなりました。

アニメだけど、映画みたいな壮大さを演出していて、迫力がすごい。

そんなことで、今回は音楽を担当しているkevinpenkin(ケビン・ペンキン)さんについて、まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

メイドインアビス音楽(BGM)担当のkevinpenkinとは

kevinpenkinさんは、1992年5月生まれで、出身はオーストラリアです。

あの壮大な音楽を作ってる人は、まだ20代の若い人なんですね。

音楽作ってる人って、年取ってる人が多いイメージがあるので、びっくりしました。

それでケビンさんは、18歳の頃に、

作曲家の植松伸夫(うえまつのぶお)さんとコラボ作品を作って、デビューしています。

植松さんと言えば、超有名な作曲家で。

この人のことは知らなくても、ゲームの「ファイナルファンタジー」の名前は、一度は聞いたことがある人は多いはずです。

植松さんは、「ファイナルファンタジー」の音楽をほとんど担当している人なんです。

植松さんの壮大な音楽と、ケビンさんの曲は、確かに似通った部分がありますね。

それから、ケビンさんは、イギリスの名門音楽校と言われてる、王立音楽大学を卒業されてます。

つまり、ケビンペンキンさんは、ものすごい優秀な人のようです。

過去に担当した作品

 

スポンサーリンク

 

ケビンさんが過去に作った音楽はこちら。

ゲーム
十三支演義 〜偃月三国伝〜(2012年)
NORN9 ノルン+ノネット(2013年)
Deemo(2013年)
Project Phoenix(2014年)
Necrobarista(2017年)

アニメ
ノルン+ノネット(2016年)
Under the Dog(2016年)
メイドインアビス(2017年)

引用:Wikipedia

ケビンさんも、植松さんと同じで、ゲーム制作をいくつかこなしてますね。

アニメの音楽に関しては、ほんと最近作り始めたばかりみたいです。

経歴が浅いにもかかわらず、メイドインアビスでの、あの迫力あるサウンドを作っているからびっくりですよね。

最初聴いた時「ジブリ?」と思うくらい、作品の世界観とマッチした、民族音楽になってました。

聴いていてワクワクする音楽ばかりだったので、メイドインアビスのアニメの楽しみが増えましたね。

 

 

スポンサーリンク

 

本編

メイドインアビス1、2巻の感想!

メイドインアビス3巻ネタバレ感想!

メイドインアビス4巻のネタバレ感想!

メイドインアビス5巻のネタバレ感想!

メイドインアビス6巻の発売日と六層まとめ!

 

アンソロジー

メイドインアビス公式アンソロジーのネタバレ感想!度し難いギャグ有

 

伏線考察

メイドインアビスの伏線を考察!ネタバレ有

 

用語

メイドインアビスの用語設定を解説!

 

キャラ

メイドインアビスボンドルドの能力の強さと名言セリフ!

 - メイドインアビス