漫恋

もはや漫画に恋してる人の感想サイトです。

わにとかげぎす主題歌歌手はTOKIO!クモの発売日と歌詞の意味

   

実写ドラマ「わにとかげぎす」の主題歌がTOKIOに決まりましたね。

曲名は「クモ」。

意味深な感じですね。

 

スポンサーリンク

 

わにとかげぎす主題歌「クモ」の発売日と収録内容

まずは主題歌の発売日と内容について。

TOKIOが歌う「クモ」の発売日は、「2017年8月30日」です。

それで、このニューシングルには

  • 通常盤
  • 通常盤初回プレス
  • 初回限定版CD+DVD

この3つがあります。

気をつけてほしいのが、通常盤と初回版とで、収録されてる曲が違うという所です。

通常盤、通常盤プレス版の収録曲は以下になります。

1. クモ
2. story
3. 女の坂道 / 島 茂子とザ・ソイラテズ

その他、通常盤初回プレスのみ、『着せ替えジャケット』が入ってます。

通常盤初回プレスというのは、「1回目に生産された通常盤」のことで。

通常盤CDは、売れるたびに、2回目、3回目と生産されていくんです。

なので、その1回目のことを「通常盤初回プレス」と言います。

 

次に、初回限定盤について。

収録内容はこちら。

 

【CD】
1 クモ
2 story
3 クモ (Backing Track)

【DVD】ミュージックビデオ
1 「クモ」
2 「女の坂道 / 島 茂子とザ・ソイラテズ」

 

初回限定盤というのは、1回作ったら、もう生産しないよという。

文字どおり、「数に限りがある盤」になってます。

 

なんで初回プレス盤と初回限定盤ってあるの?

そもそもなんで「通常盤初回プレス」と「初回限定版」があるの?

っていう疑問がありますよね。

通常盤初回プレスも初回限定盤も、どっちも「数に限りがある」ということで。

「今買わなきゃ損しちゃう!」

っていう購買意欲を増やすために、限定盤が作られているんです。

それだけじゃなく、TOKIOのニューシングル「クモ」の場合。

そもそも、通常盤と初回限定盤とで、収録されてる曲が違うので。

両方買わないとファン的には損してしまうという、うまい売り方をしてます。

さらに、収録されてる他の曲。

「女の坂道 / 島 茂子とザ・ソイラテズ」

これ、すごく気になりますよね。

茂子は、TOKIOリーダーの城島さんのことですよね、おそらく。

女装してるということでしょうか。

通常盤買った人は、この曲聴いたら、ミュージックビデオが見たくなるかもしれないですね。

初回限定盤では、ミュージックビデオにしか入ってないので、普通にCDでも聴きたくなるという。

あと、通常盤初回プレスについてくる着せ替えジャケットも欲しい。

となると結局、通常盤も初回限定盤も欲しくなりますよね。

なので、TOKIOのニューシングルを堪能したい人は、両方買った方がいいと思います。

「クモ」の歌詞の意味

 

スポンサーリンク

 

わにとかげぎすの主題歌「クモ」についてですが。

意味深なタイトルですよね。

虫のクモなのか、空のクモなのか。

どのみち、わにとかげぎすっていう深海魚とは関わりがないので。

どんな歌詞になっているのか、気になります。

「クモ」の歌詞については後日、考察していきたいと思います。

TOKIOが主題歌に起用された理由

わにとかげぎすのドラマプロデューサーは、峠田(たわだ)さんという方なんですけど。

峠田さんは、原作を読んだとき。

TOKIOの「LOVE YOU ONLY」が、自然に脳内再生されたみたいで。

それで、わにとかげぎすの主題歌はTOKIOしかいないということで、オファーしたそうです。

それで、TOKIOの長瀬さんは、原作を読んで、深く感動したと言っていたんですが。

富岡の年齢が、ドラマでは原作よりも上がっている理由について。

もしかしたら、長瀬さんの年齢と合わせたからかもしれないですね。

 

わにとかげぎすの原作ラストの意味を考察!

 

わにとかげぎすの羽田梓訳は本田翼だけどあの名言はある?

 

 

スポンサーリンク

 

 - マンガ